テレしず映画部 部員ブログ

こんにちはMizuhoです。
GW最後の5/6(月)、映画『オブリビオン』の日本でのプロモーションを行う為に、
主演のトム・クルーズさんが、15時にプライベート・ジェット機で羽田に到着しました。

DSC_1006.JPG

羽田に到着すると、来日の日時を案内されていないにも関わらず、
到着時には500人のファンに囲まれ大歓迎を受けました。
突然のトムさん登場には、その場に偶然居合わせた人々からも驚きと歓声が上がり、
ゴールデン・ウィーク最終日の空港内が熱気に包まれました。

OBL_空港取材main2.jpg

トムさんの姿が見えるとファンの黄色い声が飛び交い、
周りには一目トムの姿を見ようと人が詰めかけ、
今も変わらない人気の高さを示しました。
この日彼の到着を待ちわびたファンの中には、トムを目の前に涙するファンも多く、
感動に包まれた歓迎となりました。
いつもファンを大切にするトムさんは、一人一人と握手を交わし、
子供と握手をしたり、ハグをしたりと丁寧に笑顔でファンとの交流を行い、
来日を楽しんでいました。

DSC_10272.JPG

到着時のトムさんの装いは、モスグリーンのレザージャケットにGパン姿でリラックスした様子。
報道陣とファンに、その場を立ち去るまで、何度も「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていました。 

 

【STORY】
人類が去った地球。愛だけが残された。
2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊壊。
生き残った人類は、他の惑星へと移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は
荒廃した地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、
高度1,000mの上空から地球を監視している。
ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)を発見する。
目を覚ました彼女はなぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。
彼女に不思議な結びつきを感じながら、
次第にあらゆる現実に疑問を抱くようになっていくジャック。
そして二人に隠された“真実”は謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって
明かされようとしていた―。人類のいない地球に残されたジャックと、
突如現れたジュリアの織り成す切ないラブストーリーが誕生した。

■監督・原作・製作:ジョセフ・コシンスキー『トロン:レガシー』
■出演:トム・クルーズ『ミッション:インポッシブル』シリーズ、モーガン・フリーマン『ダークナイト ライジング』、オルガ・キュリレンコ『007/慰めの報酬』、メリッサ・レオ『ザ・ファイター』
■製作:ピーター・チャーニン『猿の惑星:創世記』、ディラン・クラーク『猿の惑星:創世記』
■配給:東宝東和
■5月31日(金)TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー 
 

こんにちはMizuhoです。

約1か月後、5/31公開の注目映画、「オブリビオン」。
トム:クルーズ主演のアクション超大作!
テレビ静岡では、この「オブリビオン」の映画チケットプレゼントを行います♪♪


5月下旬に、チケットプレゼントのCMが放送されるのですが、
今回は、そのCMに、番組「GirlsParty」のガールズサポーターが出演して告知します!


今回出演したのはこちらの3人!
左から、彩乃、希枝子、かなみの3人です。

(ガールズサポーターの紹介&ブログはこちらから)

  P1090052小.JPG


撮影はこんな感じ↓
3人のガールズサポーターが、映画の注目ポイントを紹介します!
カメラがまわる直前で、3人ともとっても緊張しています・・・。
 
P1090050小.JPG


『オブリビオン』の映画チケットプレゼントは、
トクトク情報局で、5/20(月)~5/26(日)まで
応募を受け付ける予定です!
1か月後となりますが、皆さんのご応募お待ちしております!


CMも同期間中に、テレしずで、放送される予定ですので、
ぜひ、テレビをご覧ください! 
 

 

こんにちは、MIZUHOです。

  先日、映画「中学生円山」のキャンペーンで、
テレビ静岡に、
宮藤官九郎監督と円山役の平岡拓真さんがいらっしゃいました!


映画のインタビューは、
昨年度はフリーアナウンサーの方々にお願いして、
インタビューをすることが多かったのですが、
今回は、テレしずアナウンサーが、
お二人にインタビューさせていただきました。


今回のインタビュアーは、小松アナウンサーでした!!

DSC_0319.jpg


今回が初めてのインタビューということで、
最初は、とっても緊張していましたが、
だんだんと緊張も解けて、
後半はしっかりとお話を聞くことが出来たそうです!

そして、このポーズは中学生円山のきめポーズ!

この小松アナの胸についているのは・・・
DSC_0319-2.jpg

『中学生円山』のオリジナルピンです。

中学校の校章のようなイメージの、かわいらしいピンです!

小松アナのお二人へのインタビューは、
4/27(土)深夜のシネマクラブ直前の「シネマナビ」で放送致します!
ぜひ、みなさんご覧ください。
 

こんにちは、MIZUHOです。

  先週、来月公開の注目映画「オズ はじまりの戦い」
ジャパンプレミアが六本木で開催されました。

GirlsPartyのブライダルショーのモデルとして登場してくれた
田中道子さんと一緒に、出演者へのインタ
ビュー、
テレビ静岡の映画チケットプレゼントCMの撮影
に行ってきました!

60786_422851871137211_473224667_n.jpg
写真は、CM撮影用にマイクチェックをしているところ。
田中さんは映画チケットプレゼントCMの撮影は今回が3回目で、
まだまだチャレンジという感じではありますが、
とても頑張ってくれました!

こちらの映画部ブログを見てくださる方に、一足早くお知らせします♪
田中さんが出演する「オズ
 はじまりの戦い」チケットプレゼントのCMを
3月4日
(月)~3月10日(日)までテレビ静岡で放送します。
チケットプレゼントへの応募は上記期間中、テレビ静岡のホームページ上で受け付けますので、
ぜひ、ご応募下さいね!

65 『終の信託』試写会開催しました!

12.10.26 Fri | author:映画部 部員

こんにちは、MIZUHOです。

今週の火曜日、「終の信託」試写会を開催いたしました。
sP1060576.JPG

sP1060602.JPG
注目度が高い作品ということで、シアターにはほぼ満員のお客様!
ご来場ありがとうございます!

試写会終了後、ご覧いただいた方々から、たくさんの感想をいただきました。
感想の一部を、こちらで紹介させていただいておりますので、
ぜひ、ご覧ください!
 

sDSC_0619.jpg
そして、試写会で伊藤アナがお伝えさせていただきましたが、
今週土曜日27日、25:35~(予定)の「シネマナビ」のインフォマーシャルで、
伊藤アナによる周防監督へのインタビューをご紹介させていただきます。
ぜひ、ご覧ください!
 

64 『終の信託』舞台挨拶付き試写会

12.10.05 Fri | author:映画部 部員

こんにちは、MIZUHOです。


先週ですが、『終の信託』のキャンペーンで、
周防監督がテレビ静岡にいらっしゃいました!
テレビ局4局に加えて、ラジオ、新聞・・・、と
監督は約半日取材漬けでした。

 

DSC_0619.jpg
テレしずのインタビュアーは、監督へのインタビュー初挑戦の、伊藤アナでした。
最初はだいぶ緊張していましたが、
監督がとても丁寧にわかりやすくお答えしてくださったので、
緊張もほぐれたようです。


途中で、監督につっこまれた瞬間も・・・!
*草刈さんについて質問する際に、
「草刈さんは女優として、奥様として、映画に出演していらっしゃいますが」と
伊藤アナが切り出したところ、
監督が「奥様としては出演してないでしょ(笑)!!」とすかさず突っ込んでいらっしゃいました!


そして、夜は、MOVIX清水さん主催で、
『終の信託』舞台挨拶付きの映画試写会がありました。
こちらも伊藤アナがMCとして、監督にお話をお伺いしました。


P1060327.JPG
この日はなんと伊藤アナの試写会MCデビュー。
もちろん、舞台挨拶も初めてでした。


P1060348.JPG
監督は、「女優・草刈民代、俳優・役所広司について」
「映画化しようと思ったきっかけ」
「司法のあり方についての問題点を描くことについて」など、
観客の皆様に向けて、思いを語って下さいました。
監督のお話を聞いてからみると、またいっそう作品について深く感じました!


P1060345.JPG

初めての試写会MC、舞台挨拶もあるということで、伊藤アナは緊張していましたが、
監督のわかりやすいお答えと、
来場者の皆様があたたかく見守って下さったおかげで、
無事に終了しました。ありがとうございます。
 

周防監督へのインタビューの様子のオンエアは、
10/27(土)深夜のシネマナビでお送りする予定です!


 また、『終の信託』映画試写会は、10月下旬に、シネシティザートで行う予定です。
「トクトク情報局」で応募を受け付ける予定ですので、ぜひホームページをチェックして下さい。


 

63 『終の信託』観てきました。

12.09.25 Tue | author:映画部 部員

こんにちは、MIZUHOです。

先週ですが、『終の信託』マスコミ向け試写会がありました。

観る前にあらすじは読んでいたのですが、見てびっくり。
思っていた以上にとても重い内容でした。
役所さんの演技が演技とは思えないほど迫力があり、
直視できないような・・・、私にとってはなかなか重い内容でした。

また、草刈さん演じる女性医師も、
しっかりしていて頼れる医師に見えて、
本当の心の中は女性の弱さというか切なさも常にあったりして、
なんとも見ていて、辛くなりました。

終盤の方の、取り調べのシーンは、
検事と医師が向き合って座って、ほとんど動きのない中で、
45分という長丁場をセリフの応酬だけで構成してあるのですが、
まるで、その場の真横で見ているような感覚になりました。
『終の信託』は、私にとってあまり見たことのないタイプの映画で
印象に残りました・・・。
これがきっと、周防監督のおっしゃっている「映画らしい映画」なんだな~と感じました。

DSC_0554.jpg

今週は、その周防監督が静岡にいらっしゃいます。
上の写真に映っています伊藤アナが、インタビューをします。
映画のインタビューは2回目ということです。楽しみですね。

周防監督へのインタビューの様子のオンエアは、
10/27(土)深夜のシネマナビでお送りする予定です!

 

62 『夢売るふたり』試写会 開催しました。

12.09.07 Fri | author:映画部 部員

こんにちは、MIZUHOです。
昨日、「夢売るふたり」の試写会を開催しました。

yumeuru main-2.jpg

最近、この作品の公開CMが、テレビでたくさん放送されていますので、
見てみたいな~と思っている方も多いのではないでしょうか。


昨日の試写会では、非常に多くの方にお越しいただきました!
作品への関心が高いんだな~と感じました。P1060192-2.JPG

P1060196-2.JPG


試写会では、上映の前に、アナウンサーによる、作品紹介を行っています。
昨日の担当は、菰田アナでした!
P1060207-2.JPG


菰田アナの優しい声での作品紹介に、お客さんたちが聞き入っているように見えました。
シネシティザートの座席は、広めでふわふわとしていますので、
私が座って聞いていたら、心地よくて眠くなってしまうかもしれません(笑)。
P1060198.JPG


劇場には、新人の伊藤アナもMC研修として来ていました。
近く、試写会MCとしてデビューしてくれると思います。
楽しみですね!


nishikawa1.jpg
監督は、今もっとも注目されている女性監督と言われている、中川美和監督。
私は、マスコミ向けの業務試写会で、平野アナと鑑賞させていただきました。
「結婚詐欺?どんなだろう~?」なんて、見前はそんな気持ちでいたのですが、
私の想像していたような話よりも、もっともっと深く、
「結婚詐欺」はあくまで話の軸であり、
それをとりまく、女性の心をとても、鋭く描いているな~と思いました。


西川監督は、映画の宣伝で、テレビ静岡に来てくださいました!
写真は、そのインタビュー時の、西川監督と、インタビュアーの平野アナです。
P1010308-2.JPG
 

作品中には、妻の他に、騙されてしまう女性など、たくさんの女性が出てきますが、
女性だからわかるわかる、と共感してしまう部分が多くあると思います。
男の人は、この作品を見たら、どう感じるのでしょうか。
yumeuru sub1-2.jpg

つきあいたてのカップルや、新婚さんにはあまりおすすめできないかもしれません・・・。
が、映画好きの方や、女性の心理などを知りたい方にはお勧めです。
出演者のみなさんもとても豪華で、素晴らしい演技です。
明日9/8(土)から、全国公開です。ぜひ、ご覧ください♪
 



『夢売るふたり』
2012年9月8日(土) 全国ロードショー 
(C)2012「夢売るふたり」製作委員会
 

こんにちは、MIZUHOです。
今週は天気がくるくると変わって、変な感じがした週でした。
週末は、少しでも天気が良くなってくれればな~と思います。


さて、明日の土曜日の深夜、
25:45~「シネマ倶楽部」の直前の「MIシネマナビ」では、
『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の
先行上映会舞台挨拶の様子をご紹介ます。


tokuP1210169.JPG
5/12(土) 静岡市のサールナートホールに、
若松孝二監督と井浦新さんがいらっしゃり、舞台挨拶を行いました。
題材的に、お客さんは年配の方が多くいらっしゃるのかな~と思っていたのですが、
満席の会場では、20~30代の女性が6割くらいはいらっしゃっていたように
見受けられました!


tokuP1210166.JPG
若松監督と井浦新さんが登場すると、満員のお客さんから大きな拍手!
しかも、今回監督のお取り計らいで、急遽、
観客の皆さんの写真撮影OKということになり、会場内から大きな歓声!
皆さん写真を撮りながらも、監督と井浦さんのお話に聞き入っていました。


tokuP1210174.JPG
この作品は静岡県内で撮影されたシーンも多くあったそうです。
静岡市内でも撮影されていたそうです!


tokuP1210184.JPG
こちらは、メガネをはずされた井浦さん。
会場内はものすごい熱気だったので、メガネがくもってしまったそうです。


6/2(土)25:45~「MIシネマナビ」では、
井浦さんが、三島由紀夫を演じるにあたってどのように役作りされたのか、
というお話をメインにお送りさせて頂きます。
ぜひ、ご覧ください!


<STORY>
「仮面の告白」「金閣」「憂国」など、話題作を次々と発表し、人気絶頂期にあった文豪・三島由紀夫。
時は、学生運動全盛期。三島は、文筆業の傍ら、民族派の若者たちを組織化し、
有事の際には自衛隊と決起すべく、訓練に励む。
しかし、警察権力の前に、自衛隊は出動の機会さえ得られない状況が続き、
苛立ちを募らせる三島と、楯の会の若き隊員たち。
そして、ついに決断の時が訪れる・・・。

キャスト: 井浦新、満島真之介、岩間天嗣、永岡佑 他
配給: 若松プロダクション、スコーレ株式会社
公開: 6月2日(土)~静岡シネ・ギャラリー
 


 

こんんちは、MIZUHOです。
今日は、『スノーホワイト』の来日イベントレポートの続きです。

レッドカーペットの後に記者会見が行われました。
会場奥のステージでは、あの名セリフ「鏡よ。鏡・・・」にちなんだ大きな鏡の中から
シャーリーズ・セロンさん、小雪さん、椎名桔平さんの3人が登場し、
ムービーとスチール・記者あわせて120媒体も集まった会場が沸き立ちました!!
監督も登壇し、MCを交えてのトークでヒートアップし、大盛り上がりのイベントとなりました。



 toku_AAA0334.JPG


Q. 一言ずつご挨拶をお願いいたします。
ルパート・サンダース監督:

こんにちは、『スノーホワイト』の監督を務めました。
よろしくお願いいたします。

小雪:
こんにちは。シャーリーズ・セロンさんという偉大な女優さんのアフレコは
大変なプレッシャーでした。彼女のほかの作品も観ていますが、
今回はとても喜怒哀楽のあるキャラクターで、やりがいがありました。
英語のセリフを日本語でやるという微妙なニュアンスの違いも楽しみました。

シャーリーズ・セロン:
また日本に戻って来れてうれしく思います。
みなさんが温かく歓迎してくれました。
小雪さん、私の日本語吹替えをやってくれてありがとう!

椎名桔平:
すばらしい映像と芝居で、洋画のアフレコが初でしたが、
あたかもこの映画に出ているように感じてしまいました。
シャーリーズさんは、映画『モンスター』を観てすごい女優さんだと思った後、
他作品も観て本当にきれいな女優さんなんだと思いました。
お会いできて光栄です。
 


MC: この作品のいちばんの見所はなんですか?
シャーリーズ・セロン:
私が惚れ込んだのは、誰もが知っている古典的な童話をまったく違う形で
描いているところです。
ビジュアルがとにかく素晴しいし、スケールも大きく、ストーリーも感動できます!



MC: 日本の声優2人の印象はいかがですか?
シャーリーズ・セロン:
小雪さんはさきほどテレビ番組にいっしょに出て、うれしい言葉をたくさんかけてくれました。
椎名さんは共演はできなかったけれど、お会いできてよかったです。


tokuIMG_1225 tr.JPG


MC: 女王は怖いイメージですが、実際にシャーリーズ・セロンにお会いして
    いかがですか?

小雪:
怖いという一言では表せない役だと思います。
美しさ、脆さに弱さなど、本作には女王の人生が描かれています。
深い話なので、子どもから大人まで楽しめると思います。
実際のシャーリーズさんは、本当に多才な方!
女優としても女性としても尊敬できる方です。



MC: 日米"美"の女王に囲まれておりますが、今のお気持ちを教えてください。
椎名桔平:
本当に日米"美"の共演ですね。横にいて、とても楽しいです。



MC: 最後に、代表をして監督より日本のファンへメッセージをお願いします。
ルパート・サンダース監督:
本作は日本のみなさんに魅力的に感じてもらえる作品になっているはずです!
魔法やファンタジー、格闘シーンなど、文化的に受け入れてくれる土壌が
日本にはあると思います。
大作でありながら、感情面も豊かに描かれていてメッセージ性も高く、
何百年も語り継がれるこの物語を、今の人たちに受け入れてもらえる作品に
仕上げることができました。よろしくお願いいたします。




『スノーホワイト』
キャスト:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン
監督:ルパート・サンダース 脚本:エヴァン・ドアティ 製作:ジョー・ロス, サム・マーサー  
©2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 
6月15日(金)全国ロードショー

 


 

ます。。 

 

MC:最後に、代表をして監督より日本のファンへメッセージをお願いします。

ルパート・サンダース監督:本作は日本のみなさんに魅力的に感じてもらえる作品になっているはずです!魔法やファンタジー、格闘シーンなど、文化的に受け入れてくれる土壌が日本にはあると思います。

大作でありながら、感情面も豊かに描かれていてメッセージ性も高く、何百年も語り継がれるこの物語を、今の人たちに受け入れてもらえる作品に仕上げることができました。

よろしくお願いいたします。 

loading...

最近のブログ記事

Vol.69|『オブリビオン』トム・クルーズさん来日中!

こんにちはMizuhoです。 GW最後の5/6(月)、映画『オブリビオン』...

Vol.68|『オブリビオン』映画チケットプレゼント♪

こんにちはMizuhoです。 約1か月後、5/31公開の注目映画、「オ...

Vol.67|『中学生円山』 宮藤監督と平岡さんへインタビュー

こんにちは、MIZUHOです。   先日、映画「中...

Vol.66|『オズ はじまりの戦い」チケットプレゼントのお知らせ

こんにちは、MIZUHOです。   先週、来月公開...

Vol.65|『終の信託』試写会開催しました!

こんにちは、MIZUHOです。 今週の火曜日、「終の信託」試写会を開催...