450 『ターナーからモネへ』開催中です★

17.12.04 Mon | author:イベント担当者

こんにちは。スタッフMizuhoです。


『ターナーからモネへ』
静岡美術館で開幕いたしました!


62.モネ パラッツォ・ダリオ.jpg
(クロード・モネ ≪パラッツォ・ダリオ≫ 1908年)


DSC_0010.JPG
開幕初日には、セレモニーを行いました。


DSC_0026.JPG
イギリスのウェールズ国立美術館から
館長さんと学芸員の方々も来日されました!
館長さんが美術館の生い立ちなどを
詳しく説明してくださったので、
絵画を見るのが一層楽しみになりました!


DSC_0015.JPG
セレモニーのMCは、室伏アナが務めました。


DSC_0044.JPG
この日は、予想を大幅に上回る
大勢の方がご来場してくださいました!
開場まちの行列もできるほどでした!


DSC_0059.JPG
こちらは内覧会の様子です。
それぞれの絵の前に立ち止まって
じっくりとご覧になっている方が多かったです。


22.ミレー.jpg
ジャン=フランソワ・ミレー《突風》1871-73年

59.シスレー.jpg
アルフレッド・シスレー《モレ=シュル=ロワン(フォセ通り)》1892年


今回の展覧会では、
約70点のイギリス・フランスの画家の絵が
展示されていますが、
私が特に惹かれたのは下記の3作品です!


48.ティソ.jpg
ジェームズ・ティソ《別離》1872年

今回、ティソの絵が見れるということで
と~っても楽しみにしていました!

フランス人のティソは、
イギリスの上流社会や社交界の日常を
たくさん描いていたのですが、
特に、その中に描かれている
当時流行のドレスやファッション、
世界が素敵で華やかで!

父親が衣服商だったそうで、
もともとファッションにふれていたから
流行ファッションのある日常を描いていたのかも...。

それと、イギリスと言えば紅茶!
ティソの絵にはよくティーセットが登場していますが
同じものが多く、実はそれは
本人の持っているものだったそうです!
自分の持っているものを
この華やかな絵の世界に取り入れて、
しかもそれがずっと残っているなんて
素敵ですよね~★



61.モネ サンジョルジョ・マッジョーレ.jpg
クロード・モネ ≪サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏≫ 1908年

続いてはこちらの絵。
今回のポスター等にも使われています。

こちらの絵を実際に見てみると、
色使いと発色がきれいで、感動しました。
ポスターと本物はやはり全然違うというか...。
水色と紫がとても綺麗でした。

インスタ映え...ではないですが(笑)、
ヴェネツィアのラグーンと夕日の重なりを
立体的に組み合わせ、きれいな色で表現されていて、
実物はすごいです。



そしてもう一つは、画像はないのですが、
(ジャン=ルイ=エルネスト・メッソニエ
≪お人好しといかさま師≫1861年)という絵です。

タイトル通りの人物が描かれているのですが、
それぞれの表情が豊かで、生き生きとしていて、
まるで写真のようでした!
キャンバスサイズが小さくて、
よくこんなにたくさんの情報を描いてるなぁ...と思いました。



1月28日まで開催されていますが、
1月は込み合うことが予想されますので、
12月がおすすめです★

ぜひ、美術館でご覧いただけたらと思います!



展覧会の詳細は≪こちら≫

A4wales.jpg


すべて
ウェールズ国立美術館 蔵 ©National Museum of Wales

loading...