103 ふるさとだより♯4

17.10.30 Mon | author:松下 翔太郎

てっぺん!でお届けしている「日美旬感」、
先週のふるさとは
富士宮市の下条地区。
美しい富士山が見えることが自慢と多くの方が話してくれたように、
絶景が望めて、さらに水も美しいふるさとです。

月曜日の主人公は、前林求さん。
「菊で富士山を作って地元の景観を守りたい。」

こちらが、その菊。

20171030matsushita1.jpg

地元への強い想いが、ひしひしと伝わってくる方でした。
今、菊富士は色とりどりに咲いていて、
11月上旬頃まで楽しめるそうです。

そして火曜日の主人公は、土井智子さん。

20171030matsushita2.jpg

家族に支えられて、
夢だったカフェのオープンを成し遂げました。
ここで味わえるジェラートやパンは、
牧場と隣接しているからこそ実現できる最高の味でした。


水曜日の主人公は土井良太さんとまり子さん。

20171030matsushita3.jpg

手前のお二人が良太さんご夫妻です。
若い夫婦ですが、土井ファームの隣で牧場を経営しています。
家族でカフェと牧場を経営し、自然と共に過ごす。
良太さんご夫妻も、温かさがあふれていました。


木曜日の主人公は、佐野武芳さん。
大学生と一緒に大豆プロジェクトに励んでいます。

これが、その大豆畑。

20171030matsushita4.jpg

景観を守るために、耕作放棄地で大学生と一緒に大豆を作る。
若い力に負けない、パワフルな方でした。


金曜日の主人公は、牧野利一さん

20171030matsushita5.jpg

牧野酒造で日本酒を作ってらっしゃいます。
お酒が弱い私も、美味しいと感じた「富士山」。
綺麗な水と、
日本酒を子供のようにかわいがって育てることで生まれる美味しさ。
頂いた「富士山」は、2日で飲みきってしまいました・・・
日本酒ってこんなに美味しいのかと、思わず興奮しました。


取材に協力して頂いた下条の皆さん、
改めてありがとうございました!
優しい方ばかりで、
皆さんが下条から離れたくない理由が少しわかったような気がします。
また、水も自然も美しくて富士山もきれいに見えると・・・
魅力がたくさん詰まったふるさとだなあと感じました。


さて、今週ご紹介するのは沼津市の戸田です。
ナビゲーターは室伏アナです!