107 ふるさとだより#8

17.11.28 Tue | author:松下 翔太郎

てっぺん!で毎日お送りしている "日美旬感"

郷土の味や景色、そこで暮らす人々を通して
"ふるさと"の魅力を紹介するコーナーです。

先週のふるさとは島田市・笹間。
大井川の支流、笹間川が流れていて、
水が美しい地域です。
綺麗な山に囲まれているこの地域には、
およそ400人の方が生活しています。

月曜の主人公はジョセフィン・マリノさん。

20171128matsushita1.jpg

なんとフランス出身の陶芸家!
「お皿を使う人のことを考えて作る」
笹間でこのことに気づき、創作スタイルが変わったそうです。
思いやりが詰まったお皿で食べる料理は、
さぞ美味しいことでしょうね♪
縁側やお餅が大好きとのことで、
すっかり日本に、笹間に馴染んでいる印象でした(^_^)


火曜は北島享(とおる)さん。

20171128matsushita2.jpg

廃校になった小学校で地域交流を図っています。
その名も「山村都市交流センター」
自然学習ができたり、浴室、食堂、宿泊施設があったりと、
合宿に使われることもあるそうで、
今でも多くの子供たちが利用しています。
「廃校はマイナスなことばかりではい」
北島さんの言葉通り、
新たな学び舎となって、地域に活気を与えています(^_^)


水曜は成瀬ます江さん。

20171128matsushita3.jpg
(水色のシャツを着た私の、右隣にいらっしゃる方です。)

山奥で、笹間唯一のお弁当屋さん
「ひなたぼっこ」を経営しています。
「高齢化が進む笹間で、安くて栄養のある食事を気軽にとって欲しい。」
地域への優しさでできているお弁当屋さんで、
お弁当の味にも優しさが溢れていました♪
また、成瀬さんたちはとてもユニーク!笑
ジョークも冴えてとても賑やかなお弁当屋さんでした(^ ^)


木曜は種本祥治さん。
笹間に住んで63年、代々農業を営んでいます。
季節によって収穫するものもそれぞれ。
取材の時は、銀杏の収穫を手伝わせて頂きましたが、
かなりの重労働でした...

種本さんは、父と畑を作るところから始め、
今では何種類もの作物を育てています。
2人の孫も尊敬の眼差しを向けていて、
農業への熱い思いが溢れている方でした(^_^)


金曜は森下力男さん。

20171128matsushita4.jpg

笹間で郵便配達を始めて45年!!
今では、笹間に知らない人はいないそう!
森下さんの郵便配達は、地域の名物のようなものなんです。
大きな声で郵便物を届ける姿は、笹間の人に元気を与え続けています♪
「どこにいてもわかるよ!」と言う人がいるほど元気な森下さん。
郵便物だけでなく、元気も笹間中に届ける。
優しさと笑顔が印象的な方でした(^_^)


取材に協力して頂いた笹間の皆様、
本当にありがとうございました!
どこに行っても賑やかに迎えて下さり、
楽しくお話ができてあっという間に時間が過ぎました。
改めて、ありがとうございました(^_^)


さて!今週ご紹介しているのは浜松市・都田。
ナビゲーターは室伏アナです。