テレしず ホーム > 番組案内 > ドレみ~る > CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 > CRISIS公安機動捜査隊特捜班【特命!要人警護暗殺者から守り切れるか】

ドレみ~る

おすすめ番組情報満載!!ドレみ~る

トップへ戻る

  • 毎週月曜日~金曜日 夕方18時55分から
  • 出演 本谷育美(テレビ静岡アナウンサー)

ドラマ・スペシャル番組案内

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 CRISIS公安機動捜査隊特捜班【特命!要人警護暗殺者から守り切れるか】

オフィシャルサイトへ

放映時間
5/ 2(火)21時00分から
出演者
小栗旬 西島秀俊

見どころ

危険すぎる要人警護!国を脱出するまでの1週間、狙われた大学教授の命を守り抜け!
稲見(小栗旬)と樫井(野間口徹)の前には謎の暗殺者が...教授が狙われる真の理由とは?特捜班は教授を無事出国させることができるのか!?

「CRISIS公安機動捜査隊特捜班【特命!要人警護暗殺者から守り切れるか】」#4

ある日、稲見(小栗旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、 大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。しかし、有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、1週間後に出国するということだけ。大学の研究室を訪れた特捜班に対して、横柄な態度で接する有馬。同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった――。

翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまい、その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。しかし、向かった駐車場には、もう1人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいて、稲見は石立と激しい攻防を繰り広げる。

事態を受けて、吉永(田中哲司)は鍛治(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰める。鍛治はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かすが、吉永は腑(ふ)に落ちない。暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックするが、稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信していて――。

「CRISIS公安機動捜査隊特捜班【謎のテロ集団との死闘!】」#3

贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに襲われ、報道陣の目の前で射殺された。直後に犯行声明を出した"平成維新軍"は、この先も権力を利用して私腹を肥やす者たちを排除すると、テロの続行を宣言。特捜班は犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう命じられる。

班長の吉永(田中哲司)から、襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって実行犯を洗い出すよう指示された稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)は、銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていたとの情報を得る。裏取り捜査を進めると、やはり使われた拳銃は組長が所持していたもので、しかも保管していた拳銃はすべて組長の息子の譲(大和孔太)に盗まれていたことがわかる。そして、譲は少年院を出所後に人が変わり「社会のシステムを変えてやる」と言っていたという組長の証言から、稲見は何者かが譲をそそのかして、今回のテロ行為に及ぶよう誘導したのではないかと考える。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備して現場へと向かう。吉永、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が建物の周囲を固め、稲見と田丸が部屋へ近づくと、ちょうど外出しようとしていた譲に出くわす。次の瞬間、譲は部屋の中の仲間に「逃げろ!」と叫び、同時に素早く拳銃を抜き、近づいてきた稲見と田丸に銃口を向けて――。

「CRISIS公安機動捜査隊特捜班【「SP」の金城一紀最新作!】」#2

ある日、田丸(西島秀俊)は外事警察時代に知り合ったフリージャーナリストの男から「国家の危機に関することで話がある」と連絡を受け、会う約束をする。
しかし、待ち合わせ場所に現れた男は田丸の目の前で何者かに毒物を注射され、絶命。
特捜班は、身の危険を感じていた男があらかじめ田丸に送った1枚の写真と、死ぬ間際に口にした「アリス」という言葉を手掛かりに捜査に乗り出す。

写真には、ごく普通の一軒家が写っていた。吉永(田中哲司)は樫井(野間口徹)と大山(新木優子)に家の特定を急がせるとともに、田丸と稲見(小栗旬)には殺された男の自宅を捜索するよう指示。しかし、稲見に見張りを任せて、1人部屋へ入った田丸は、男の遺品を持ち去ろうとしていた侵入者と鉢合わせ。突然の攻撃に必死で応戦するも、一瞬の隙をつかれて取り逃がしてしまう。
やがて、田丸の異変に気付いて駆けつけた稲見は、侵入していた男が殺し屋だと察知。激しい攻防戦を繰り広げるが......。

何者かがジャーナリストの死因を隠ぺいしようとしていることから、特捜班は今回の一件に政府が関与しているとにらむ。
そしてようやく写真の家を見つけ出すが、そこに人が住んでいる気配はない。不審に思った吉永が近所の住民に話を聞くと、住んでいた家族は数日前に突然引っ越したことが分かり――。

「CRISIS公安機動捜査隊特捜班【「SP」の金城一紀最新作!】」#1

元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属
する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部
隊。常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結
し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が
現れ、辺りは騒然となる。現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害
など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人
物。犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要
求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。鍛治からの指令を受けて、

現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班の
メンバー。親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三
成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。
タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこ
で、ある驚きの事実を知ることに。さらに稲見は犯行現場に関して、ある疑問を抱い
て――。

  • ページの先頭へ
  • HOT6GOGOホームに戻る

  • てっぺん静岡
  • くさデカ
  • テレビ寺子屋
  • チョッと!いいタイム
  • おは・スポ!サンデー
  • LOCO!エスパルス
  • Girls Party

ページの先頭へ