爆笑問題の深海WANTED

5/21(日)ごご4時5分放送 テレビ静岡のみ 午後4時放送

はじめに

深海とは、水深200m以上の海を示す総称。世界の海全体の80%以上を占めているのだが、いまだわずか2%しか解明されていないと言われる未知の世界・アナザーワールド
『深海WANTED』は、貴重な深海生物の捕獲&展示を目指すバラエティ番組。第1弾(2015年5月24日放送)では、日本の深海を舞台に、希少な「オンデンザメ」を捕獲、世界初の展示に成功。第2弾(2016年5月22日放送)では、オーストラリアでゾウのような鼻を持つ神秘の深海生物「ゾウギンザメ」の捕獲に成功した。
そして第3弾の今年は、世界と日本、二つの海域で超レア生物をWANTED!

ニューカレドニアの深海500mで世界初!?の撮影成功

オーストラリア東方の島国、フランス領ニューカレドニア。この海でのターゲットは“へそを持つ生きた化石”と呼ばれる「オオベソオウムガイ」と、日本の水族館でも大人気オオグソクムシの仲間「ニューカレドニアオオグソクムシ」の2大固有種。
しかし、この地域は、約5年前から生物保護のため、オオベソオウムガイの漁が禁止されているエリア。地元漁師も漁を行うことができない中、今回特別に調査・研究目的として、沼津港深海水族館と地元水族館がパートナーシップを締結した。超特例措置としてオオベソオウムガイの漁が禁止されている禁断の海域で、捕獲の許可をもらうことができた!
ところが、許された捕獲チャンスはわずか2回!果たして無事にターゲットを捕獲&日本で展示することはできるのか?
さらに、深海500mでの撮影にも挑戦!そこには、地元水族館スタッフも「これまで見たことがない」と断言する、世界初!? 未知の深海世界が映しだされていた!?

三四郎が駿河湾で“豚のような鼻”を持つサメをWANTED!

日本の舞台は静岡県の駿河湾。ここ5年間で数体しか捕獲されてない超希少な深海ザメ「オロシザメ」がターゲット。まるでオロシガネのようなザラザラの体に、豚のような鼻を持つ超希少な深海生物の捕獲・展示に挑戦する。
ロケ初日の集合時間は朝の3時。1日12時間以上続く底引き網漁。加えて冷たい風に、揺れる船体、寝不足…案の定、体調不良や船酔いを訴え、悪戦苦闘する三四郎の二人。
ボロボロになりながらもターゲットの「オロシザメ」は捕獲できたのか!? そして漁の最中には、世界初展示となる超希少な深海生物もゲット! 果たしてその正体とは?

放送日時
5月21日(日)午後4時5分~5時20分(27局ネット)
※テレビ静岡では午後4時~5時20分
出演者
MC:爆笑問題
監修:石垣幸二(沼津港深海水族館館長)
ゲスト:田中直樹(ココリコ)、いとうあさこ、新川優愛
ロケ出演:三四郎