ハイ!し~ず テレしず

番組表
ご意見・ご感想

テレビ局技術の裏話の最近のブログ記事

131 第29回 日本平桜マラソン

13.04.26 Fri | author:技術スタッフ

皆さま、、ほんとーーに、お久しぶりです!!
HIROです。

HIRO2013.jpg

前回から更新が遅くなってしまったのには、、、、ちょっと訳アリでしたsweat01
実は、ちょうど一年前の人事異動で
これまでの電波担当から番組制作技術を担当することになったんですsign01

番組制作技術??って、よくわからないかと思いまして、
今回は、先日7日に草薙陸上競技場や日本平をメインに開催した
「第29回 日本平桜マラソン」の番組についてアレコレとご紹介したいと思いま~すsign03

sakura1.JPG

桜マラソン前日。肌寒い土曜日

今年は、猛スピードで北上していった桜前線のおかげで、
競技場周辺のソメイヨシノは、既にピンクから葉桜のグリーンとなっていましたが、
会場となる草薙陸上競技場では、準備が着々と進められていきますsign03

 sakura2.JPG

運悪く天気予報が的中し、思わぬ雨と風に作業は難航rain

 sakura3.JPG

番組中継の機材が雨に濡れないよう雨対策も万全に、
かつ、迅速にチェックをしていきます。
(テレビの機材って、ホントに雨に弱いんですよ。。)

  

そのころ、、、、

本番コースでは、当日さながらに移動中継車によるリハーサルが行われていました。
前日は、交通規制がかかっていないため、通行車両とトラブルがあっては大変と、
かなり神経を使ってのリハーサルを行いますsign01
しかも、走行は1回限り。ますます気合が入りますsign03

しかし、そこはマラソン移動車のプロ、同じ系列の「東海テレビさん」
毎年、遠路応援に来ていただいているんです。

(東海テレビさんいつもありがとうございます!)

 sakura4.JPG

この移動中継車、かなりの優れモノなんですっeye
後部にブレないカメラを2台搭載して、選手の息遣いも高性能マイクで収録可能sign01
また、アナウンサーや実況者も、
無理な体勢で振り返る事がないよう、座席が後ろ向きに設計されていますnote

sakura5.jpg


実は、、、間近で初めて見る移動中継車にHIROも大興奮っでしたup


そして、、、『日本平桜マラソン』当日。

昨日の天気とは打って変って青空の下、
競技場には朝早くから多くのランナーに集まって頂きましたsign01

 sakura6.JPG

色とりどりのウェアがあちこちでウォーミングアップを始め
刻々と迫るスタート時間を盛り上げます。

 sakura7.JPG

式典が始まる頃には済みきった青空も広がりましたsun
HIROは本番に突入して、ブログの事もすっかり忘れて没頭。


ゆるキャラの活躍もあり、、、、番組は大成功shine
ランナーのみなさんの「全力」そして「笑顔」で最高の番組になりましたsign03

それでは皆さん、地デジで「元気」よろしくどうぞ!

130 テレしず新入社員技術局研修2013

13.04.19 Fri | author:技術スタッフ

どうもっ!お久しぶりですっ!
テレしず技術部員WATです(*゚ー゚)v

技術ブログの更新頻度が減ってきて危機感を感じていますが…、
新年度になったことですし、気分新たに、

「じゃあいつブログ書くのか・・・今でしょっщ(゚д゚щ)!」

の精神で頑張っていきたいと思いますっ(`Д')/



さて、それでは新年度最初のブログということで、
今回のネタは、毎年お伝えしている新入社員技術局研修

2013kensyu01.JPGテレしずには今年、
とってもフレッシュshineな新入社員2人が入社しましたっsign01

そして、テレしずの新入社員技術局研修と言えば、
毎年訪れるのが「日本平デジタル放送所」です!
技術部員でなければ、恐らくもう訪れることはないであろう場所なので、
結構レアな体験…なはずpencil


毎年この時期は桜の季節cherryblossomということもあり、
「桜満開の中、神々しくそびえ立つ日本平デジタル放送所」という
とっても素敵な光景が見れるはずなんですが…、
今年は桜の開花が早かったことでほとんど桜が散ってしまっていましたdowndowndown
残念ーっsad

2013kensyu02.JPG

※参考までに桜と日本平デジタル放送所(2009年撮影)


日本平デジタル放送所に着くと、早速新入社員研修がスタートpencil
今年も説明をしてくださったのは、
日本平はもちろん、テレしずの中継局や送信設備を保守・点検してくださっている
保守会社のT居さんですっsign03

 2013kensyu03.JPG 2013kensyu04.JPG
今年も丁寧な説明ありがとうございましたっhappy02


局舎内の見学後は、
これも毎年恒例の鉄塔に登っての
アンテナ等の説明&日本平からの景色の満喫なのですが…、
ちょっと顔色が悪い方が1名…www 

ん?

2013kensyu05.JPG

どうも高い所が苦手みたいです・・・。。。

2013kensyu06.JPGがっちり建物を掴んでますw 笑顔も堅いですsweat02

ダチョウ倶楽部ばりに、
「絶対押すなよ、絶対押すなよsweat01
とか言って欲しかったですけど、そんな余裕もなくげっそり…coldsweats02

なんとか地上に戻り、無事研修が終了しましたscissors

2013kensyu07.jpg

※鉄塔からの景色はこんな感じです(今年は曇ってたので写真は2012年撮影のもの)

 

2013kensyu08.JPGそんなわけで、
今年もテレしずには素敵なキャラの新入社員が入社しましたw

それでは、皆様、
今年度もテレしず技術担当者ブログをよろしくお願いしますcatface

128 免許状とったどー

13.01.31 Thu | author:技術スタッフ

 

menkyo1.JPG

こんにちはhappy02

テレしず技術部員SAKですscissors

 

試験放送期間を終えて1月29日にめでたく開局となった、

new『伊豆東海岸デジタル中継局』new

開局のお知らせhttps://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2013/01/post-124.php

 

この開局に先駆け、

関東地域の放送を管轄する関東総合通信局building(略して関東総通)にて

伊豆東海岸局のshine免許状shineをたまわりましたscissors

 

『伊豆東海岸デジタル中継局』があるのは

東京都内の伊豆大島ということで、免許交付は関東地域を管轄する関東総通なのですflair

izuhigashikaigansikendenpa003.jpg

 

 

そして、伊豆東海岸局の「運用開始届」も提出sign01happy02

menkyo2.JPG

 

その場で、受領印を押していただきますpass

menkyo3.jpg

たいへんおごそかな雰囲気ですbomb

 

前回、関東総通を訪問したのは、、、

梅雨明けと共に猛暑となった7月の免許申請時sun

 

関東総通訪問、免許申請提出!

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/07/post-109.php

 

それから1月29日の開局まで本当にいろいろなことがありました

静岡だけでなく、関東・東海のテレビ局にもご協力を戴き一丸となって進めてきた、

伊豆東海岸局運用開始までの長~い道のり。

 

伊豆東海岸局電波発射の舞台裏

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2013/01/post-123.php

 

ようやく、、、ようやく免許状を手にして、各局の免許担当も感無量ですcrying crying crying crying

 

これはやはり一丸で記念撮影ですcamera

 

免許状とったどーーーーーrock  (7月も同じ看板でした)

menkyo4.JPG

左から、S社テレしずA社のご担当です。

 

D社のご担当を加えてもう1枚

関東総通で、とったど~~~~~happy02

menkyo5.JPG

 

 

放送エリアのみなさん、受信具合はいかがでしょうか??wink

OH00-Ohshima.JPG

こんにちは。テレしず技術部員SAKですhappy02

 

1月7日から試験放送を開始している『伊豆東海岸デジタル中継局』sign03

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2013/01/post-122.php

 

伊豆大島から海を越え、伊豆半島の東側に向けて電波発射する

『大規模プロジェクト』ということで

OH1-erea.jpg

 

我々技術チームはこの試験放送に先駆け

12月のクリスマスxmasの真っただ中の深夜crying

さらに1月7日の早朝moon3 に

放送機器動作確認測定と、隣接地域への影響調査を、

着々と遂行していましたrun

 

 

エリアとなる伊豆半島は勿論、

伊豆大島、そして隣接の神奈川県にも調査チームを編成してかつてない大規模な調査。

静岡のテレビ事業者5社、その他多くの関連各社を総動員しての作業となりました。

 


☆東伊豆班☆

伊豆大島にある伊豆東海岸中継局からくる電波の中心thunderを測って、

正常発射を確認します。

OH2-higashiizu1.JPG

 

真夜中の作業ということで、意識もうろう、何かが降りてきてしまった隊員もいたようですshadow

OH3-higashiizu2.JPG

 

 

☆伊東班☆ 

放送エリアの北端付近、伊東市富戸での確認です。

OH4-ito1.JPG OH5-ito2.JPG

 

OH6-ito3.JPG

 

downwardright こちらはN局のご担当です。自局の電波の正常を確認してニッコリ。

OH7-ito4.JPG

 

かたやテレしずは、、、

試験放送直前の微調整が発生してしまいました、、、sweat01

ぐぬぬ、、、

OH8-ito5.jpg

でも!ちゃんと放送開始時間には間に合いましたnotesgood


 

☆下田班☆ 

南は下田市まで広域をカバーする伊豆東海岸中継局。 

南端付近の爪木崎での確認ですmist

OH9-shimoda1.JPG

 

OH10-shimoda2.JPG

 

 

☆伊豆大島班☆(伊豆東海岸局の局舎内)

もちろん伊豆大島で電波の発射/停止の操作をする隊員も必要です。

ポチッとなgood

OH11-oshima1.JPG OH12-oshima2.JPG

このひと押しが、海を越えて伊豆半島まで電波を送るのですね~~flag

 

この他、伊豆大島内では

東京の放送をご覧のご家庭に影響がないかを確認する班も、

早朝の寒い中で着々と展開していました。

 

局舎の様子はコチラ

伊豆東海岸局局舎完成!伊豆大島訪問記

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/11/post-119.php

 

 

 

☆神奈川・秦野班☆ 

隣接地域への影響はどうか?ということで、夏から何度か調査に行っていた秦野市。

灼熱の秦野調査記https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/08/post-111.php

たばこ祭りに盛り上がる秦野市役所訪問記

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/10/post-115.php

 

その最終確認ですeyeglass

秦野市の夜景nightを見下ろす山中で、伊豆大島からの電波を今か今かと待ち構えました。

OH13-hadano1.JPG

標高が高く、極寒penguin 隊員はみんなもこもこです。「南極昭和基地」ではこれ以上ですね、、、

OH14-hadano2.JPG OH15-hadano3.JPG

 

 

OH17-hadano5.JPG

  

 さ、さらに秦野班は昼の部もありましたcatfacesleepy

 OH18-hadano6.jpg OH19-hadano7.jpg

 

 

OH-hadano9.JPG

 

そして、もうひとつの隣接地域、

☆三重・熊野班☆

、、、、、は、さすがに遠すぎるのでsweat01無人測定器が粛々とデータ取得中ですpen

OH-kumano1.jpg OH-kumano2.jpg

静岡から5時間!熊野放浪記

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/09/post-114.php

 

、、、というわけで、なんとか1月21日現在も試験放送は続いていますscissors

 

今回のブログでは、

試験放送開始直前の様子だけをお伝えしましたが、

 

今まで静岡の放送が満足に受信出来ていなかった伊豆半島東側へデジタル放送の電波を届けるべく、

この伊豆東海岸デジタル中継局の電波発射までには、

お隣の関東・中京地域をはじめ、

静岡内外の多くの人々の協力がありました。

改めて御礼申し上げますm(- -)m

 

免許申請提出!関東総通訪問記

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/07/post-109.php

関東・静岡合同会議!テレビ神奈川訪問記

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/08/post-112.php

 

 

 

最後に、、、

現在、東京都内にお住まいの方から私たちテレビ事業者に、

伊豆東海岸局試験電波発射への熱い感想が寄せられましたのでご紹介します。

『伊豆東海岸局の試験電波が発射されたという事実は、本当に感激しております。

この電波が、この中継局が、

今後の静岡の放送に重要な位置づけとなることは言うまでもありません。

引き続き、よろしくお願い致します。』

 

OH0-sugiyama.JPG

upwardright遠く伊豆大島を眺めてもの思いにふける テレしず調査班長GENさん)

 

多くの方々からの支援とご協力、

たくさんの思いをのせた『伊豆東海岸デジタル中継局』

いよいよ「1月29日(大安)本放送開始!」です。

 

 

 

※試験放送期間中は機器調整等のため、

やむをえず放送を休止する場合がありますので、何卒ご理解をお願いします。

izuhigashi001.jpg

こんにちはhappy01
秋を肌で感じた「袋井デジタル中継局」の
試験電波発射をお伝えしたばかりのSAKですが、
今日は、伊豆七島の伊豆大島からも、最新の秋の便りmailが届いたのでお伝えしますmaple

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お疲れ様ですwinkSAKさんsign01
こちら伊豆大島でも「伊豆東海岸デジタル中継局」(以下、伊豆東海岸局)の開局に向けて
着々と建設工事が進められていますヨwrench

こちらも夕日に輝くススキが黄金色に輝いてshine秋本番が間近な感じですmaple

izuhigashi002.jpg  

今日は、工事の第一弾が終わり
建設業者から鉄塔や局舎の引き渡しup
在静放送各社担当者も一同に、最終チェックを行いましたeye

izuhigashi004.jpg

izuhigashi005.jpg   izuhigashi006.jpg



※これは熱海から伊豆大島に向かうジェット船ですship
izuhigashi007.jpg
 
伊豆東海岸局」は伊豆大島にあり、交通の便に制約があるため、この日も船での上陸sun

中継局も長時間停電に対応しようと、常設発電機を完備scissors
もちろん、停電時に発電機がちゃんと作動するのか、
関係者が見守る中、最終テストも入念に行いましたsign01SAKさんご心配なくwink

izuhigashi008.jpg izuhigashi009.jpg

来週からは、いよいよ放送機器の据付工事が始まります。

izuhigashi010.jpg
  
この広いスペースにも所狭しと、沢山の放送機器が並ぶことになるそうですヨsweat01

放送機の据付工事が終了すると、電波を出すための試運転等が始まり、
いよいよ、12月には対岸の伊豆半島に向けて試験電波が発射される予定です。 
今からワクワクしますよねheart02

izuhigashi011.jpg
    伊豆大島から見た伊豆半島東岸(右下は大島元町地区)


izuhigashi012.jpg izuhigashi013.jpg  
     下:受信アンテナ(丸いもの)                上:送信アンテナ 




さて、伊豆大島には
島民の皆さんのための「大島中継局」(関東の放送局)が三原山頂にあるのですが、
「伊豆東海岸局」(静岡の放送局)が
その中腹から伊豆半島東海岸向けて電波を発射するので
大島元町地区のお宅の中には、お住まいの場所やアンテナ方向よって、
ブースターが過入力となりテレビが映らなくなってしまう恐れがあるんですよねsweat01

それを、未然に防ごうと9月より事前対策を実施していますが、
今日は試験電波発射を前に、
未だ対策が済まれていない住民皆さんのお宅を廻り
早期の工事実施をお願いする「ローラー作戦」を
在静放送各社一丸となって行ってきましたwink

izuhigashi014.jpg
  

陽は傾き、あちこち周って「お願文」を配った頃には、既に暗闇の中coldsweats02。。。。

izuhigashi015.jpg
 
この日、歩いた距離は約10キロ、16000歩あまり。『事前対策完了まで、あと一歩!
日頃の郵便配達や宅配便の方々の苦労がちょっぴりわかったような・・・気分ですcoldsweats01


その後、温泉ホテルでの「明日葉(アシタバ)」等の特産を使った料理の数々は勿論、
アルコールが旨かった事は・・・言うまではありませんbeer ん~~~っ。旨っhappy02
SAKさんも明日葉の・・・いや、建設が進む伊豆東海岸局を一度見に来て下さいねっsign01
izuhigashi016.jpg

izuhigashi017.jpg izuhigashi018.jpg 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


SAK:いやぁ、「ローラー作戦」かなり大変だったようですね。
    早く事前対策を完了したいです。勿論、大島を知る事も仕事restaurant
    是非、次回は椿油を使った天ぷらをSAKも食べたいですcatface


次回は冬の味覚みかんの特産地に完成する
三ヶ日都筑中継局」についてもお伝えする予定です。

 

nakai1.JPG

こんにちは

テレしず技術部員SAKですhappy02

 

またまた神奈川県に行ってきましたscissors

 

テレビの中継局の電波が、お隣の地域に影響を与えてしまうことが稀にあるので、

先日の調査(https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/08/post-111.php)の結果について

秦野市と中井町のご担当に報告とお願いをしてきました。

 

downwardright 緑豊かな中井町。役場のグリーンカーテンは大変立派でした。

勿論、節電意識の向上のためですよね!?thunder

nakai2.JPG nakai3.JPG

農業が昔から盛んな町であったようですが、

最近は緑と調和をしながらの新しい街づくりshineを目指しているようで、

バスの車窓からは新しい住宅地houseや大きな工場wrenchも目につきました。



downwardright こちらは秦野市役所

訪問した9月中旬、秦野市では「秦野たばこ祭」の前日。 市をあげて準備の真っ最中でした。

nakai4.JPG

ん?  「たばこ祭???」  変わった名前のお祭りですcoldsweats02

この地域では昭和の終わりまでたばこ生産が盛んに行われていたそうですclub

(コーディネーターとして同行戴いた関東7chのご担当H氏shine  談)

 

たばこの生産に関連した地域の方も一緒になって、豊作に感謝するために開催した事がはじまりで、

市の発展の礎となった先人の努力と情熱を伝えようと

今日も「たばこ祭」の名前で続いているとのことです。

nakai5.JPG nakai6.JPG

 

 

たばこの葉っぱと花。初めて見ましたhappy01 (秦野駅や市役所でホンモノを見る事が出来ました)

 nakai7.JPG nakai8.JPG

旅番組のPRのようになってしまいましたが、

ちゃんと中井町と秦野市のご担当者は熱心に電波の影響について聞いて下さり、

万が一影響があった場合のご協力についても快く応じてくれました。

今後もよろしくお願いします!!scissors

 

 

~おまけ~

秦野市弘法山にある「秦野デジタル中継局」を見学してきました。

(これが今日のメインテーマか!?)

nakai9.JPG

ハイキングコースを登っていくと、、、

 

ん? 何やら家のようなものが、、、、山頂の茶店?それとも粋な公衆トイレ?

nakai10.JPG

 

 

 

 

 

 

え? ええええ~~sign02

hadano.JPG 

             downwardright

nakai11.JPG

世にもめずらしい、『山小屋風』中継局です!!

う、美しすぎる、、、

ナナメのラインや、屋根の丸みは完全にシュミの世界shine(笑)

よ~く見ると、こ洒落た小窓までついています。

 

 

周囲の景観と見事に調和する“日本一美しいテレビ中継局”だと、『認定』flairしたいです。

思わず記念撮影してしまいましたhappy02good

(これ以上に感動モノの中継局があったら皆さん是非教えて下さいsign01

nakai12.JPG

 

最近、観光色が強くなっていると自負はしつつ、次回こそ!???

117 三重県熊野に行ってきました

12.09.26 Wed | author:技術スタッフ

kumano1.JPG

こんにちは!

テレしず技術部員SAKですhappy01

 

またまた静岡県を飛び出して、今回は電車で5時間、、、sweat01

三重県熊野市に行ってきました!

kumano2.jpg

 

神奈川県秦野につづく隣接地域調査の第二弾!

https://www.sut-tv.com/blogvillage/gijutu/2012/08/post-111.php

 

電波が異常な伝わり方をした場合、

静岡県からこんなところまで  (ちなみに静岡市-熊野市 242キロ)

電波が届いてしまう“恐れ”bombがある、

ということで影響調査をすることになったのです。

 

今回も静岡のテレビ5局の合同調査。

隊長は、当ブログ3回目の登場!A社のご担当SUGY氏です。

kumano3.JPG

 

 

超~sign01重要調査ポイントの、『紀宝町ウミガメ公園』です。???

kumano4.JPG kumano5.JPG

 

kumano6.JPG

あくまで調査ですsign03 地域の特性を知る事も勿論、大事!!happy02

 

和歌山県が近い熊野、

あちらもミカン、こちらもみかんlovely、驚愕の品ぞろえでした。

kumano7.JPG

 

調査はきっちりとやっていますよ!good

kumano8.JPG kumano9.JPG

 電波が異常な伝わり方をした場合の観測のため、

無人で記録出来る機械の設置場所の選定をしてきました。

 

こんな風にお隣の中京地域にも気を配りながら、

静岡のデジタル放送普及への道は、まだもう少し続きますscissors

 

 

 

、、、、、調査後のひととき。

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」wave

の構成物のひとつ『獅子岩』catから眺める熊野灘の夕景です。美しい。。。。

kumano10.jpg

水平線の彼方に伊豆半島が、、、、、、うーん、見えないbearingsweat01

 

 

帰りの電車で、

名物のめはり寿司とサンマ寿司もいただきました。 美味しlovely

kumano11.jpg kumano12.jpg

hadano1.jpg

こんにちはsun

テレしず 技術部員SAKですhappy01

 

今回は、暑い静岡を抜けだしsweat01

神奈川県、秦野地域の電波状況調査に行ってきましたscissors

 

静岡の電波が、隣接する県の放送へ影響(飛び出し)することもあるため、

お隣の神奈川はもちろん、愛知、三重にも確認に行くことがあります。

 

丹沢のある秦野市、のどかでいいですね~。、、、でも、、

暑い静岡を抜けだして出掛けたものの・・・こちらもやはり暑かったデス。。。sweat02

hadano2.JPG

静岡全社の協力体制で地デジ普及にあたっているので

今回は、A社テレしずとの2社合同調査チームsign01

hadano3.JPG

リーダーはA社のご担当。右は指南役のテレしずベテランGEN調査隊長。

これまで電波に関するいろんな難題をクリアしてきた二人ですpunch

 

資料写真を撮るのも何故か…二重体制good。息もぴったりです(爆)

hadano4.JPG

 あら。見慣れた風景が。秦野でもお茶を作っているのですね~。

より一層親しみがわきますlovely

hadano5.JPG

 『見通し確認』…

中継局が見える=電波が届いている、という判断で

↓このように目視で中継局を見ながら各所で判断していきますeyeglass

hadano6.JPG

hadano7.JPG

 ときには測定も、、、全ての地点で中継局が見えるとは限りません。

中継局方向に木が茂っていたりすると、機器を使ってリアルに電波の強さを確かめます。

hadano8.jpg

 

hadano9.jpg

danger:建物への立入許可はとってあります。

 

こんなふうに、“お隣さん”にも気を配りながら地デジ普及が行われています。

暑い静岡を抜けだして、電波の調査に行きましたが、

自然豊かな秦野もやはり暑かったですsadsweat01

 

「熱中症」、みなさんも気をつけてくださいcoldsweats02

112 関東総合通信局 訪問

12.07.30 Mon | author:技術スタッフ

kantou1.jpg

 

こんにちはhappy02

テレしず技術部員SAKです。

 

先日、建設中の『伊豆東海岸デジタル中継局』の開設のための

免許申請書memoの提出に行ってきました

(テレビの各中継局毎に免許の申請が必要なんですgood

 

普通は、静岡県内に中継局を開局する場合、

東海地域を管轄する総務省 東海総合通信局(名古屋市)に提出するのですが、

今回、伊豆東海岸デジタル中継局を設置して電波を送信する場所は

なんと伊豆大島ship東京都内なのですsign01

 

ざっくりと言うと、こんな計画で進められる予定です↓

kantou2.jpg

 

従って

東京都内に開局する中継局なので、もちろん管轄も東京都内の

kantou3.JPGshineとなります。

略して、「関東総通」…我々は親しみを込め「総通さん」と言っていますがflair

 

静岡の放送事業者(テレビ局)が関東総通に行くなんて、かなりのレアケースです。

県域を超えたデジタル放送普及が、まさに連携して展開されようとしています!happy02

 

真ん中は私、左はA社、右はS社、写真を撮ってくれたのはD社のご担当者です。

kantou4.JPG

普段は熾烈な視聴率争いを繰り広げている4社ですがsweat01

このときばかりは一丸となって、ばっちり記念撮影を、、、、

いや、免許申請書提出を終えてきました。。。。。dash

 

kantou5.JPG

 

開局までの道のりはまだまだ長いですが、関東エリアの縄張り?に入るのですから、

「総通さん」は勿論、

関東の放送事業者のみなさんとも今以上に親密に連携し

関東・東海、一丸となって伊豆半島へのデジタル放送普及を確実に進めていきますhappy01

110 1秒長~い1日

12.07.09 Mon | author:技術スタッフ

お久しぶりですっ!
テレしず技術部員WATですっ(*゚ー゚)v

突然ですが皆さんっ!
2012年7月1日が、
ほかの日よりも"1秒長かった"ことをご存じでしょうか???

はぁ?何言ってんの(´д`)?
と思われている方もいると思いますので、
今日は7月1日が「1秒長い1日」だった理由、『うるう秒』についてのお話です。

 tokei01.JPG

それでは早速、「うるう秒」についての説明pencil↓↓↓

時刻はかつて、
地球の公転と自転に基づく天文時から決められていましたが、
数十万年に1秒ずれるだけという超高精度な原子時計が作られてからは、
原子時計に基づく国際原子時が開始されましたflair

「こんなに高精度な時計が出来ればもう安心っscissors
と、当時の開発者は思いました(・・・かどうかは定かではありませんが・・・coldsweats01

 

しかぁ~し、そこに1つの問題が・・・sweat02

 

それは、原子時計があまりに高精度なため、
元々時刻を決めていた天文時に基づく時刻との間でずれが生じるようになった
のです・・・dash

そこでsign03
原子時計に基づく時刻と天文時とのずれを解消するために、
(具体的にはずれが0.9秒以内におさまるように)
考えられたのが「うるう秒」挿入なわけですね
good


世界の標準時(協定世界時)はうるう秒調整を行った時刻を使うことにしており、
うるう秒挿入は1972年から数年に1回程度行われていて、
今回は、3年半ぶりのうるう秒調整たったわけですが、
具体的にどの瞬間にうるう秒が挿入されたのかというと・・・、

午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に
8時59分60秒」という1秒が挿入されました。

たった1秒ですから、
気にしてなかった方にはあっという間に過ぎた1秒だったと思いますが、
テレビ局にとってうるう秒はかなり重要なのですよsweat01

以前にも説明しましたが、
時計装置は「テレしずの心臓部」とも言える重要な機械wrench
正確な時計無しに正確な放送はあり得ませんsign03


そんなテレしずにとって超重要な時計装置ですが、
うるう秒挿入がある場合、
それに合わせて時計装置にもうるう秒を挿入してあげなければなりません
sign01
もし、うるう秒挿入に失敗すれば、
テレしずだけ1秒進んだ時間で動いてしまうわけですから、
そんなことになったら大事件ですっshock



うるう秒でくるう・・・そんな状況になってしまうわけですwobbly
うるう秒でくるう・・・・・・
うるう秒でくるう・・・・・・・・・
 
 

そのため、
7月1日のうるう秒挿入の瞬間は、
テレしずマスター室にとって緊張の一瞬thunderとなりましたが・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・d(ゝω・*)


無事にうるう秒が挿入が行われましたhappy02
(失敗してたらブログなんか書けませんsweat02 いやホントに crying
 

"たった1秒"の話ですが、
その1秒のためにテレしずをはじめ、
様々なところで、
ひっそりと、粛々とうるう秒挿入作業が行われていたんですねぇ~っsign01


後日見たニュースで知りましたが、
いくつかのサイトやシステムでは、
今回のうるう秒挿入で障害が発生したようで、
"たった1秒の重み"を改めて知ることができた気がしますcoldsweats02


個人的には1日が48時間くらいあったらいいなと思いますが・・・coldsweats01



それでは皆様、
次回の更新も出来るだけ早くできるように頑張りますsweat01

ページの先頭へ