ハイ!し~ず テレしず

番組表
ご意見・ご感想

212 お~い!山芋

12.08.24 Fri | author:くさデカスタッフ

こんにちは。

 

大洋です。

 

先日、くさデカディレクターの大輔Dからディズニー制作の「ダンボドロップ大作戦」を借りました。

 

ディズニーには珍しい戦争を扱った映画なのですが、

これまた、ディズニーらしい、ハートフルな映画に仕上がっています。

 

この映画の中でこんな場面がありました。

 

戦争で父親を失ったベトナム人の少年が、

心を許したアメリカ兵(ダニーグローバー)に

僕の父親が死んだのは誰のせいか、と問いかけます。

 

ダニーグローバーは答えます。

 

―戦争を起こした奴だ。戦争にはこない

 

戦争がどういうものなのか正直わかりません。

でも戦争から一番遠い人が、戦争に一番近づいてしまうのは、なんだかとっても悲しいことです。

 

今年も8月15日に終戦記念日を迎えました。

 

敵とか味方とか、そんなの関係ない

平和な世の中がこの先ずっと続いてほしいものです。

 

 

 

さて、今週の放送は「トータルテンボスの観光大使in浜松市北区」です!

 

前回も告知に告知したわけですが、放送前にもう一回!笑

 

今回、みんな大好きネバネバ『自然薯』が登場するわけですが、

自然薯を食べて、お口の周りがヒリヒリ痒くなった経験、誰しもおありでしょう。

 

「味は美味しいンだけど、この痒みが嫌っ!」という現代っ子のあなた!

 

とっておきの裏ワザがあるのです!

 

 

 

そもそも何故、山芋を食べたり触ったりすると、その部位はかゆくなるかといいますと。

 

 

 

原因は、皮の付近に含まれる『シュウ酸カルシウム』という物質にあるそうです。

 

 

 

この何やら得体の知れない物質の中には、

長さ100ミクロンほどの鋭い針状の結晶が

わさわさわわさ~と生えており、

 

その針状結晶が皮膚にひっつくと、

とがった部分が皮膚の痒点(かゆく感じるところ)を

何故だか、ちくりちくりと刺激するため、

口や手など触った箇所がヒリヒリ痒くなるのです。

 

ちなみに毒性は一切無し!でR。(BBK姉さん風)
 

何にも害はないけども、人をちょっぴり不快にさせる『シュウ酸カルシウム』

こやつにも弱点が一つ。

 

 

 

 

とっても「酸」に弱いそうです。

 

本を調べますといくつか対策がのっていました。
 

―対策―

①前もって酢水やレモン汁を付けておきます。
②かゆくなってしまった場合も、酢水やレモン汁を付けると、酸の力で針が溶け、かゆみが止まります。

                                                       著書:「山芋はなぜ痒い?」

 

 

 

う~ん、なるほどね!!

 

 

 

でも、いちいち口の周りに、

レモン汁やらお酢やらを、ちょぴちょぴちょぴ、つけながら食べるのって

めんどくさいし、人前じゃ恥ずかしいよね・・・?

 

 

 

 ayutototal.jpg

ということで今週の放送もお楽しみに! 

ページの先頭へ