ハイ!し~ず テレしず

番組表
ご意見・ご感想

144 ふるさとだより#26

18.04.16 Mon | author:室伏 真璃

てっぺん!で毎日お送りしている "日美旬感"

郷土の味や景色、そこで暮らす人々を通して
"ふるさと"の魅力を紹介するコーナーです。

先週のふるさとは菊川市・河城地区。
古き良き原風景が今なお残る場所。
なかでもせんがまちの棚田は
豊かな実りと美しい景観を
この地にもたらしています。

月曜日の主人公は堀豊さん。

20180416murofushi1.jpg

農家のお婿さんとしてこの地に来た頃
初めて見た棚田の美しさが
忘れられないという堀さん。
一度は失われたその風景を
仲間たちと共に復活させました。

火曜日の主人公は落合奏楽さん。

20180416murofushi2.jpg

菊川ジュニアビレッジの社長。
なんと、中学3年生です!
ふるさとの茶業を盛り上げようと
自分たちの手でハーブティーを開発。
お茶の新しい飲み方を提案しています。

水曜日の主人公は山口祐之さん。

20180416murofushi3.jpg

ふるさとの食材に惚れ込んだシェフ。
この地に移り住んで初めて
料理とまっすぐ向き合えたと
語ってくださいました。
地元のジビエを使った極上のコース、
特別な日にぜひ!

木曜日の主人公は堀延弘さん。

20180416murofushi4.jpg

棚田に暮らす生物をこよなく愛し
大切に守り続ける生き物博士。
カエルについて話し出すと止まらない、
その表情は少年のようでした。

金曜日の主人公は天野浩史さん。

20180416murofushi5.jpg

学生時代に誘われて入った
棚田研究会の活動で
棚田の保全活動にボランティアで参加。
卒業後、一度は就職するも転職を決意し
現在は「せんがまち棚田倶楽部」で
企画や広報の仕事をしています。

農作業のあとにいただく
おにぎりの美味しさ、
感激でした!

今回もたくさんの
ふるさとに出会いました。

貴重なお時間をいただき
取材させていただくのは私達なのに、
「来てくれてありがとう」
「寒いなかよく来たね」と
労ってくださる温かさに
いつも救われています。

ご協力いただき、
ありがとうございました!

さて、 今週のふるさとは
富士市・吉永須津地区。
ナビゲーターは松下アナです!

ページの先頭へ