ハイ!し~ず テレしず

番組表
ご意見・ご感想

79 2014年度版採用サイトオープン!

12.12.03 Mon | author:採用担当者

2014年版採用サイトをオープンしましたgood

先輩や2013年度内定者の話などを参考にして

就職活動がんばってくださいねhappy01

 

それでは

テレしず社長より皆さんへメッセージですloveletter

suit.JPG

テレしずは、静岡の皆さんに

「番組を楽しんでいただける」

「信頼していただける」

1番の放送局でありたいと思っています。

 

そのためにテレしず社員に期待していることは

「挑む!」ということ。

時代の流れとともに新しいモノが出てくる時、

テレビはそれをどう扱うのか?それとどう向き合うのか?

それによって更に新たな魅力溢れるモノが生まれる。

貪欲に挑んで欲しいと願っています。

 

ルーティンワークや上司から指示されてやる仕事は

勿論大切だけど、それしかやらないのではつまらない。

新しいことをやろうとすると当然失敗もあるし、わからないこともある。

しかし、自分のキャパシティを超えて挑戦すれば

そこにも自分の領域が広がり、次のステージに行ける。

それは自信にも繋がります。

だから、何でも挑んで欲しいと思うのです。

その気持ちがないと個人としても会社としてもおもしろくない。

どんどん変わっていって欲しい。

失敗するのは当たり前、だからやればいい。

そう思います。

 

テレしずの社員は年代を問わず、上司部下問わず

コミュニケーションがとれていると思います。

自分が思ったことを言える環境です。

つまり挑むことができる環境なのです。

 

2013年、テレしずは45周年を迎えます。

皆さんにとってテレしずはどんなイメージですか。

この45年を振り返ると時代の流れとともに

テレしずも変化してきました。

これまで諸先輩や現在いる社員達が世の中の流れを見て

自ら変えてきたのです。

それは今までもずっと挑み続けてきたということです。

 

どんなに辛いときでも苦しいときでも

いつも胸を張って前を向いて歩こうとする人。

人は必ず落ち込む時があります。

そんなときでも諦めずに努力をする人。

そのパワーがある人は必ず「挑む」ことができると信じています。

そういう人にぜひ仲間に加わって欲しいのです。

 

実際に自分が取材したもの、自分が企画したものがテレビで放送される。

それが大勢の人たちに評価される。

こんなに素晴らしいことはないと思います。

たくさんの人がテレしずに挑んでくれることを期待しています。  

 helmet.JPG

ページの先頭へ