アウトレットにホテルと温浴施設が完成 富士山麓に新たな魅力 静岡・御殿場市

2019年12月09日(月)

地域ビジネス(政治・経済)

富士山麓に新たな魅力が加わります。

多くの人が訪れる「御殿場プレミアム・アウトレット」に、長く滞在してもらおうとホテルと温浴施設が完成し、内覧会が行われました。

御殿場プレミアム・アウトレットの敷地内に完成したのは「HOTELCLAD」と温浴施設「木の花の湯」で、小田急電鉄が総事業費およそ81億円をかけ整備しました。

仲田悠介記者 「こちらがこのホテルで最も多いタイプの部屋です。窓が大きいことが特徴で、きょうは残念ながら曇っていますが、壮大な富士山が望めるということです」

東京オリンピックを機に外国人観光客の増加が予想されるこのホテルでは、182部屋ある客室のうち半分以上の102部屋で、部屋から富士山を眺めることができます。

また、アウトレットにも出店しているファッションブランド「ジャーナルスタンダード」とコラボした部屋もあり、ブランドの世界観を体験できます。

併設する「木の花の湯」にも、富士山を間近に見られる露天風呂がある他、雑誌や漫画を読みながらゆったりと過ごせるスペースも設けられていて、買い物の疲れを癒すことができそうです。

小田急電鉄・星野晃司社長 「自然と観光、お買い物と、これだけコンパクトに、ぐっと、景観も良くて揃ったものはなかなかないと思いますので、日本一の素晴らしいリゾートエリアになるんじゃないか」

アウトレットでの買い物と合わせ、ぜいたくな時間を楽しめるこのホテルと温浴施設は12月15日にオープンで、観光客の増加に大きな期待が寄せられています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ