帰省は2年は控えた方がいい? 専門家が指摘 今年のお盆休みの過ごし方は? 静岡

2020年08月05日(水)

暮らし・生活

みなさんは来週のお盆休み帰省はどうしますか?
感染が拡大する中、今年は控えるべきか、また控えてもらうべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

感染症の専門医は旅行とは違うリスクがあると指摘します。

西村経済再生相「これから8月に入って帰省されるかた、お盆の休みを控えていますので(専門家に)そうしたことのご意見をいただくことになる」

感染拡大の中、迎える今年のお盆休み。すでに静岡県内では心配な兆候も。

静岡市3日会見「22日に帰省した家族の感染が判明したという情報提供があり」

静岡県2日会見「居住地は東京都。県東部の実家に帰省されています」

帰省した家族からとみられる感染が複数報告されているのです。

本谷育美アナウンサー「今年のお盆の帰省町の人はどう考えているのでしょうか」

子連れ女性「関西出身なんですが、増えているので、大阪への帰省はやめました。初孫なので会いたい気持ちが大きいみたいで、少し寂しいみたいですね」

女性「東京に娘がいるが今年はちょっとないんじゃないかと思います。毎年来てましたけど」

会いたい気持ちはありつつも、我慢のお盆を覚悟しているようです。

しかし、旅行は大丈夫で帰省はダメ?

どのぐらい感染のリスクがあるのか専門医に聞きました。

浜松医療センター 矢野邦夫院長補佐「例えば旅行先で感染者と濃厚接触した場合、感染の確率は5パーセントぐらいなんですね。帰省となりますと家に帰って同居家族と一緒に暮らすので10~40パーセントまで跳ね上がるんですね。なのでGoToキャンペーンと帰省とは全然違います。よほど気を受けないと集団感染が起こってくるかなと心配しております」

それでも帰省しなければならない人は・・・

矢野先生「唾液の交換をやめてほしいので、食器の共有をしない。それから同じものをつついて食べない。家に高齢者がいるなら、さすがに家族内でもマスクをすることが大事だと思います」

一方で、洗濯や洗い物は分ける必要はないとしています。

矢野医師「日帰りなら何とかなるかもしれませんが、何日も泊まるとなるとそれ相応の覚悟がいるものですから。今年来年も2年間ぐらいは帰省を控えていただいた方がよろしい」

今年も来年も帰れないとしたら?!

そんな人にむけたサービスがこちらです。

本谷アナ 「今作業中ですが、なにをされているところなんですか?」

鈴政石材 鈴政幸男代表 「今は墓参りの代行をしています。草取りとか、お墓のお掃除をして、お花を手向けにまいりました」

墓参りの代行サービスです。

こちらの業者は帰省を自粛する人のために、県中部地域限定にある墓限定で特別価格を設けました。

作業内容は写真に収め、墓石の状態のチェックシートとともに依頼主に届けます。

鈴政代表「お墓参り行きたいけど、遠くなのでなかなか行けないとか感染も怖いといった方もいるので、そういった方の力添えがなんとかできないかなと」

お盆の帰省、あなたはどうしますか?

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ