名前だけは200人 名簿上の自主防災組織を「地域の命を守る」組織に 静岡・三島市

2020年02月09日(日)

地域

地域の人たちの命は地域で人で守ろうと、9日、三島市で住民160人が参加して防災訓練が行われました。

三島市の安久地区で行われた訓練には160人が参加し、救出や消火など班に分かれて役割を確認しました。

また近くを流れる大場川から消火ポンプで水をくみ上げる、実践的な訓練もしました。

安久自主防災会・秋山孝史委員長 「実際災害が起きたときに役に立つような、そういう組織そういう動きを防災委員としては、ぜひやっていかなければならないと強く思いました」

この地区では数十年前から名簿上200人規模の防災組織がありすが、訓練を行うのはこれが初めてで、形だけではない防災組織づくりを目指しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ