カルテの記載を故意に削除 医師を県外に異動 静岡・伊東市

2020年06月05日(金)

地域暮らし・生活

静岡県の伊東市民病院は、勤務していた医師が患者カルテの記載内容を勝手に削除したり不適切な内容を記載していたとして事実を公表し、医師を県外の施設に異動させました。

病院によると、この医師は2017年から今年3月まで、担当患者の電子カルテに記載された他の医師や看護師の診察記録や助言を故意に削除していました。

削除されたのは患者の禁忌やアレルギー情報の項目など59件で、注意に対し医師からは反省の言葉はなかったということです。

このため、指定管理者である地域医療振興協会が改善の見込みがないとして、医師を県外の施設に異動させました。

伊東市民病院の荒堀憲二管理者は、チーム医療が崩壊する事案で、患者に謝罪するとともに再発防止に努めたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ