【ただいま天気 7/6】一段と警戒度を高めて 7日朝に雨は最も強まる

2020年07月06日(月)

地域

【降り始めからの雨量】
先週200ミリから300ミリを超える記録的大雨となったところがありましたが、それに加えて3日以降も雨が降り続いています。

山間部では300ミリ、400ミリを超える雨となっています。

静岡市でも200ミリを超えていて、沿岸部でも大雨が続いています。

降り続く雨で地盤が緩み、土砂災害の危険が高まっているところがあります。

【土砂災害に注意】
土砂災害の危険度の高まりを示したものです。

降った雨の量に加え、土地の特性や2時間先の予想雨量などから総合的に判断されています。県内は黄色や赤の表示がほとんどで、注意・警戒が必要なレベルです。

濃い紫色になると、重大なすでに災害が発生していてもおかしくありません。
濃い紫色に変わる前に安全な場所に避難することが大切です。

【土砂災害警戒情報】
午後5時45分現在、土砂災害警戒情報が発表されている地域は、

・島田市
・川根本町
・沼津市
・富士宮市
・富士市
・裾野市
・長泉町
・浜松市南部
・浜松市北部
・掛川市
・森町

です。

こちらの市町では土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。

崖の近くなど危険な場所にお住まいの方は、少しでも安全な場所への避難が必要な段階です。

【雨の降り方】
午後5時現在、西部中部を中心に広く降っています。

西部の山間部、一部では黄色や赤色の表示が見えます。

こちらでは非常に激しい雨の降り方となっています。

これからも山間部を中心に雨の降り方の強い状態が続くでしょう。

降り方がもっとも強まるのは、7日の早朝の時間帯、朝9時ぐらいにかけてです。

この後全体的に降り方は弱まっていきますが、弱まったり強まったりを繰り返しながら午後にかけ広く雨は降り続いていく見通しです。

雨は7日、さらに8日にかけても降り続く見通しです。

このあと、丸2日間で降る雨の量は、多い所で西部と中部で350~450ミリ、東部で300~400ミリ、伊豆で200~300ミリ。

先週よりも一段と警戒度を高めて、土砂災害には厳重な警戒が、低い土地の浸水や河川の増水には警戒が必要です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ