東京五輪・女子サッカー 杉田選手も守備で貢献  静岡・藤枝順心出身

2021年07月22日(木)

話題芸能・スポーツ

東京オリンピック女子サッカーの初戦が21日に行われ、藤枝順心高校出身の杉田妃和(ひな)選手が途中出場し、貴重な勝ち点1に貢献しました。

日本の初戦はオリンピック2大会連続銅メダルの強豪カナダ。

開始6分、カナダに左サイドを崩され序盤から先制点を許す苦しい展開となります。

追いつきたい日本は後半31分、藤枝順心高校出身の杉田妃和を投入。

体を張った守備で徐々に日本ペースになると後半39分、ロングフィードに抜け出したエース岩渕がゴール右隅にシュートを放ち同点に追いつきます。

その後も積極的なプレーを見せた杉田、貴重な勝ち点一に貢献しました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ