女子ソフト 浜松出身・渥美選手がサヨナラ勝利に劇的一打

2021年07月22日(木)

芸能・スポーツ

女子ソフトボールの予選リーグ第2戦が22日行われ、浜松市出身・渥美万奈選手が劇的サヨナラ勝利を呼び寄せる大活躍で、日本の開幕連勝に貢献しました。

世界ランク5位メキシコとの一戦は2回裏、藤田倭の2試合連続ホームランで日本が先制します。

守備でも前日に続き先発のエース上野由岐子が5回まで10奪三振の好投を見せ、6回まで2対1とリードしていた日本でしたが、最終7回に追いつかれると、試合は延長8回のタイブレークへ。

1アウト3塁とサヨナラの場面を迎えた日本。打席には浜松市出身・渥美が入ります。

打球はサードへ。バックホーム体制のメキシコは、すかさずホームへ送球しますが、好スタートを切っていたランナーが先に生還し、劇的なサヨナラ勝利。

県勢の価値ある一打で、日本、開幕2連勝です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ