もし富士山が噴火したら 住民や自衛隊が避難訓練 静岡・裾野市

2021年10月17日(日)

地域

富士山の噴火が迫った時、どう避難すればいいのか。

裾野市で、住民たちが実践的な訓練に参加しました。

訓練には、住民に加えて自衛隊や警察、消防など100人余りが参加し、火山性地震でケガをした登山者の救助や搬送手順を確認しました。

また噴火が迫り、警戒レベルが引き上げられたことを想定して、溶岩が到達するおそれのある地域の住民たちがバスで避難しました。

このあと、市や県の担当者から溶岩の噴出量が2倍になったことなど、3月に改訂されたハザードマップの内容について説明を受け、危機意識を新たにしていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ