浜松城跡・発掘調査 二の丸御殿の「礎石」発見 江戸時代の基礎と確認

2021年09月13日(月)

地域話題

発掘調査が進められている浜松城跡で、二の丸御殿の基礎として柱を支える礎石が新たに発見されました。

礎石の発見にともない、建物の構造が明らかになってきました。

浜松市が進める浜松城跡の発掘調査では、今回、二の丸御殿の建物の基礎となる柱を支える礎石6個が発見されました。

礎石同士の距離から京間(きょうま)が採用されていることがわかり、江戸時代の二の丸御殿の基礎であることが改めて確認されました。

浜松市文化財課・鈴木一有課長:
「二の丸御殿の具体的な姿、どこにどんな部屋があったか今後明らかになっていく。玄関やかまどがどこにあるか、そうしたところに調査が及んでいけばより詳細に二の丸御殿の有り様を復元できることになる」

また軒先の雨水を受ける溝も確認されていて、絵図と照合する際に重要な手掛かりになるということです。

調査の成果は15日から浜松市のホームページで公開されます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ