「大井川の水を戻す方法で疑問残る」静岡県副知事 リニア有識者会議中間報告案

2021年09月27日(月)

暮らし・生活

リニア工事にともなう大井川の水への影響を話し合う有識者会議が26日開かれ、静岡県の難波副知事は中間報告案について「全否定する物ではない」と一定の評価をしました。

5カ月ぶりに開かれた会議では、「トンネル工事によって湧き出た水を大井川に全量戻すことで水量は維持され、地下水への影響も極めて小さい」とした中間報告案について、議論を交わしました。

報告案に関して大きな反発や異論は出ませんでしたが、内容が極めて専門的であることからJRに対しては大井川流域の住民と信頼を築いた上で、丁寧な説明を求める声が相次ぎました。

難波副知事は有識者の指導によりJRの資料や説明が「わかりやすくなった」と評価する一方で、水を戻す方法については「まだ疑問が残る」と注文を付けました。

有識者会議は次回中間報告をまとめる方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ