「自由を与えて」 再審求め支援団体が東京高裁に7100人分署名 袴田事件

2021年12月20日(月)

事件・事故

いわゆる袴田事件をめぐり裁判のやり直しを求める支援団体が、20日東京高裁に請願書を提出しました。元被告の姉・ひで子さんも「自由を与えて下さい」などと記したということです。

袴田事件をめぐり、最高裁判所が東京高裁で裁判をやり直すべきか再び審理するよう求めた差し戻し決定から、まもなく1年です。

20日袴田巌元被告の支援団体が去年2月から集めた7100人分の署名とともに、裁判のやり直しを求める請願書を東京高裁に提出しました。

請願書では「苦しみは筆舌に尽くしがたい理不尽極まりないもの」としていて、元被告の姉・ひで子さんも「巌に自由を与えて下さい」などと記したということです。

元被告の姉・秀子さん 「裁判というものはまっすぐに巌の方を向いてやってもらいたい。必ず再審開始になると思っております」

裁判のやり直しをめぐる審理は東京高裁で行われており、来年3月に次の三者協議が行われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ