静岡市で仕事始め式 田辺市長「当事者意識を若手職員に」

2022年01月05日(水)

ビジネス(政治・経済)

静岡市は5日仕事始め式を開き、田辺市長は幹部職員に当事者意識を持った人材を育成していくようを訓示しました。

静岡市は4日が仕事始めでしたが、前の年に続き年末年始の休みを分散させていたため、多くの職員が集まるき5日に年頭の式典を行いました。

式には幹部職員38人が出席し、田辺市長は「当事者意識を持った人材の育成が必要」と訓示しました。

田辺信宏市長 「自分たちがやらなくて誰がやるんだという当事者意識を若手職員が持ち続ける。そしてそこに専門性をかん養し、人間性も備えていく」

また市長は3日の成人式を振り返り「新成人の期待に応えられるような静岡市でありたい」と意気込みを語りました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ