春高バレー 静岡男子代表・清水桜が丘は激戦の末敗退

2022年01月05日(水)

芸能・スポーツ

全日本高等学校選手権、通称・春の高校バレー全国大会が5日 開幕し、男子・静岡県代表の清水桜が丘高校が初戦に臨みました。

2年ぶりの春高で初戦突破を目指す清水桜が丘は神奈川県代表の東海大相模と対戦。

第1セット、存在感を示したのは3年生の望月寛太です。

前衛に、後衛にとコンビバレーの攻撃の軸となりチームをけん引。

しかしデュースまで持ち込んだもののこのセットを落とします。

このままでは終われない桜が丘は、続く第2セット、エース・望月敬太が本領発揮!

このセットだけで9得点存在感を示します。

しかし相手の粘り強いディフェンスを崩しきれず…接戦ながらストレートで敗れた清水桜が丘。

初戦で涙を飲みました。

【バーチャル春高バレー】
https://sportsbull.jp/category/haruko/

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ