圧巻の光景 1200体のひな飾り 家康ゆかりの寺で開催

2022年01月08日(土)

暮らし・生活

徳川家康ゆかりの寺として知られる袋井市の可睡斎で、いま恒例のひなまつり展が開かれています。

幅9メートル、高さ3メートル、32段にずらりと並ぶひな飾り。

可睡斎は、役目を終えて供養のため持ち込まれた人形にもう一度命を吹き込もうと、ひなまつり展を開いていて、今年で8回目を迎えました。

飾りの数は約1200体、日本最大級です。

女児「着物がたくさんあってきれいだと思った」
母親「迫力があってすごく見応えがあった。子どもが3姉妹なので、ひな人形を見せられてすごく嬉しかった」

新型コロナの収束を願うオリジナルの人形も飾られた今年のひなまつり展は、3月31日まで開かれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ