藤井竜王が最年少五冠にむけ初戦飾る 将棋王将戦第1局 静岡・掛川市 

2022年01月11日(火)

話題

静岡県掛川市で9日から2日間の日程で行われた将棋の王将戦7番勝負の第1局は、挑戦者の藤井聡太竜王が激戦を制しました。

掛川城の二の丸茶室で行われた将棋の8大タイトルのひとつの王将戦・第1局。

史上最年少での五冠を狙う藤井竜王が挑むのは、4連覇の懸かった渡辺明王将です。

近くの講堂ではプロ棋士による解説会が開かれ、将棋ファンも真剣なまなざしで見守りました。

共に8時間の持ち時間を使い果たし、1手1分未満で指し続ける「1分将棋」に入ってからも激しい駆け引きが続きましたが、最後は藤井竜王が優位な状況を作り出し死闘を制しました。

藤井竜王 「何とか勝つことができたので、しっかり第2局に向けて取り組んで行けたらと思います」

王将戦の第2局は1月22日から大阪府高槻市の温泉旅館で行われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ