【静岡・新型コロナ】新規感染72人 静岡のこども園と牧之原の事業所でクラスター

2022年01月11日(火)

地域暮らし・生活

11日静岡県内では72人の新型コロナ新規感染者が確認されました。静岡市のこども園と牧之原市の事業所でクラスターが発生しています。

また静岡市はオミクロン株陽性が確認された18人のうち9人は、市中感染の可能性が高いとしています。

県内の新規感染者72人を居住地別にみると、浜松市27人、静岡市10人、沼津市5人、三島市4人、裾野市4人、長泉町4人、牧之原市3人、菊川市3人、清水町3人、藤枝市2人、富士市1人、島田市1人、伊東市1人、伊豆の国市1人、磐田市1人、袋井市1人、御前崎市1人です。

この1週間の県内の新規感染者は568人で、前週の24人に比べ23.67倍と急増しています。
 
1月4日から10日までの県内の新規感染者499人を年代別にみると、20代176人35%、30代73人15%、40代70人14%で、この3つの年代で全体の3分の2を占めています。


【クラスター関連】
2件のクラスターが発生しました。

・静岡市清水区の市立こども園
9日の職員3人に続き、10日新たに職員2人と園児2人の陽性がわかり、感染者が7人となりました。市は市内54例目のクラスタ―に認定しました。他の職員19人は検査で陰性が確認されていて、園児の希望者にも検査を行い12日に結果がわかる予定です。これまでの感染者のうち1人がデルタ株陰性のため、市はオミクロン株クラスタ―の可能性が高いとみています。

・牧之原市の事業所
11日までに5人の陽性がわかり、県が所管する管内で254例目のクラスタ―と認定されました。陽性者と接触した可能性のある者が特定されているため、事業所名は公表されていません。陽性者以外の従業員に検査をして陰性を確認済みです。


【オミクロン株の市中感染】
静岡市はオミクロン株陽性者18人のうち9人の感染経路が不明で、市中感染が発生している可能性があるとしました。9人のうち2人は高齢者で、7人は高齢でない成人です。1人が中等症で入院しており、8人は軽症です。8人は静岡市在住ですが1人は市外の居住者です。

【オミクロン株陽性者(疑い含む)の濃厚接触者】
オミクロン株陽性者と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者が、11日新たに4人認定されました。検査はいずれも陰性で体調不良者はいません。11日までの累計は303人で、このうち待機期間終了が259人、残る44人が待機期間中で健康観察などを続けています。

【病床使用率】(11日正午現在)
県東部  8.6%
県中部  4.8%
県西部  8.8%
ーーーーーーーーー
県全体 7.4%
重症者 2.0%

宿泊療養施設 17.5%

自宅療養者 338人 (10日午後5時時点)
自宅待機者 57人

療養終了者数 2万6652人 (10日時点)

【ワクチン接種率】1月10日時点
県内全人口1回目 78.26%
     2回目 77.65%
高齢者  1回目 93.53%
     2回目 93.18%

【浜松市の市立学校教員の感染】
浜松市立の学校に勤務する教員1人の感染を公表しています。年齢や性別は公表されていません。7日に最後に出勤し、9日に発症していますが、学校における濃厚接触者はおらず、校内の消毒は実施されたということです。県外への行動歴があり、陽性者との接触がありました。症状は軽症です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ