「早い方がいい よかった」 高齢者3回目接種1カ月前倒しスタート 静岡・沼津市

2022年01月11日(火)

地域

感染抑制が期待される3回目のワクチン接種。静岡県沼津市では県内の自治体に先駆けて11日から、施設への入所者ではない一般の高齢者への接種を開始しました。

沼津市では11日から市内の医療機関で65歳以上の一般高齢者に、ファイザー社製のワクチンを使い3回目の接種を始めています。

当初予定していたより1カ月前倒しました。

77歳男性 「海外を見ていると3回目を打たないとまずいと思って。早い方がいいと思っていたのでよかった」

66歳男性 「正月から感染者が極端に増えていますから、早く打たなければまずいと思っていたのでよかったです、きょう打てて」

市によると新たに12歳になる接種希望者など、これまでそれぞれの事情で2回の接種を受けられていない人たちの受け皿として、個別接種の枠を継続して設けていたために、前倒しできたということです。

沼津市健康づくり課・山岸宏充副参事 「現在も続けている個別接種の枠を3回目にふり向けるので、できるだけ早く接種を始められた」

市は個別接種に加え、2月9日からモデルナ社製のワクチンを使って集団接種も始める予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ