濃厚接触者の隔離「柔軟な対応を」 医療従事者の自宅待機増加で 静岡県病院協会

2022年01月12日(水)

地域

感染者の急増をうけ12日、静岡県病院協会が会見を開きました。

3回目のワクチン接種を積極的に呼びかけるとともに、医療崩壊への警鐘を鳴らしています。

県病院協会・毛利会長 「医療を行う人たちが自宅待機などで戦力外通告をされてしまうと、助かる命が助からなくなるということが起きるかもしれません。このような事態は何としても避けなければなりません」

そのうえで濃厚接触者の14日間の隔離期間など、これまでの対応を改める必要があるとしています。

県病院協会・毛利会長 「抗原検査をして陰性ならマスクをしっかりして仕事に就くなど柔軟な対応が必要になってくる」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ