「防疫面から日米地位協定見直しを」 静岡・川勝知事がキャンプ富士50人超感染受けて

2022年01月13日(木)

ビジネス(政治・経済)

全国知事会は12日新型コロナ対策について、オミクロン株の感染力や重症化リスクの分析などを求めた政府への提言をまとめました。

12日開かれたオンライン会議ではオミクロン株の全国的な広がりを受け、感染者の療養期間や濃厚接触者の隔離期間の見直しのほか、重症化リスクの分析などを求める声が相次ぎました。

こうした中で川勝知事は御殿場市にある在日米軍基地キャンプ富士では50人を超える感染者が確認されたことを例に、防疫の観点から日米地位協定の見直しを要望しました。

川勝知事 「国民を守るという観点から、この地位協定に対して大幅な抜本的な改善を迫るという姿勢をとるべきである」

また知事は改めてワクチンや治療薬の国産化に向けた国の積極的な支援を呼びかけました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ