【静岡・新型コロナ】「今が感染爆発の分水嶺 対策の徹底を」静岡市保健所長

2022年01月13日(木)

地域暮らし・生活

新型コロナの感染拡大が続く中、静岡県内では13日新規感染者が300人を超えました。

静岡市は「感染拡大を軽視してはいけない」と警鐘をならしています。

13日県内で確認された新規感染者は浜松市で83人、静岡市で60人、磐田市で56人など計382人でした。

入院患者は県全体で35人、重症者は1人となっています。

こうした中、静岡市はオミクロン株は症状が軽いと感染拡大を軽視してはいけないと訴えました。

静岡市保健所・田中一成所長 「ある地域においては、すでに多数の感染者の発生により医療機関が相当追い込まれているという状況もあります。決して責任ある立場からは楽観的な見通しが持てる状況にないと考えております」

そのうえで、いまが爆発的な感染拡大が起こるかの分水嶺にあるとして、改めて感染対策の徹底を呼びかけています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ