海の事故を減らすために 強靭な身体で熱戦「全日本ライフセービング選手権」開幕 静岡・下田市

2022年06月25日(土)

地域

海水浴シーズンを前に静岡県下田市では、25日からライフセービングの技術を競う大会が始まりました。開催は3年ぶりです。

35回目となるこの大会は、ライフセーバーの技術向上と海での事故を減らそうと開催されていて去年、おととしと新型コロナの影響で中止となっていました。

3年ぶりの大会には、全国53のライフセービングクラブからライフセーバー430人がエントリーし、25日は砂の上を90m走り切るビーチスプリントや、レスキューの道具から競技用に進化したサーフスキーなど、8種目の予選が行われました。

選手たちは、日頃から鍛え上げている強靭な身体を駆使して、熱い戦いを繰り広げていました。大会は26日に決勝が行われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ