説明や謝罪はなし 漁協が県に再発防止答申書を提出 焼津カツオ窃盗

2022年06月24日(金)

事件・事故

静岡県焼津市にある焼津港でのカツオ窃盗事件を受け、焼津漁協は24日、再発防止委員会が取りまとめた答申書を県に提出しました。

焼津港では漁協職員が関与したとされるカツオの窃盗事件が起き、漁協が設置した弁護士などによる再発防止委員会は事実調査を行う第三者機関の設置や、内部統制システムの強化などを盛り込んだ答申を取りまとめています。

24日、すでに辞任の意向を示した組合長と専務理事が、県庁を訪れ答申書を提出しました。

県によりますと内容の説明や謝罪などはなかったということです。

県水産・海洋局 板橋威局長 「十分に有効な再発防止策を漁協自身として講じていただく、そして講じた再発防止策を着実に実施していただくことを期待しております」

県は漁協自身による再発防止策を45日以内にまとめ、提出するよう命じています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ