「ブラインドサッカーの魅力を伝えたい」静岡・浜松市で国内トップリーグ開幕戦

2022年07月18日(月)

芸能・スポーツ

視覚障害のある選手がプレーする「ブラインドサッカー」が新たなスタートを切りました。
発足したのは国内の「トップリーグ」で、18日、静岡県浜松市で開幕戦が行われました。

ブラインドサッカーは国内に600人から700人の選手がいて、地域ごとのリーグに加え、今年の春トップリーグ「LIGA・i(リーガ・アイ)」が発足しました。

東京と横浜、埼玉の4チームが所属し、浜松市で開かれた開幕戦には大勢の観客も詰めかけました。

試合はチームのエースで日本代表のキャプテンとしても活躍する川村怜選手のゴールで品川が勝利しています。

川村怜選手「歴史的な初得点、開幕戦での初得点をすることができて非常に嬉しいですし、静岡の方々の前でブラインドサッカーの生の試合を見ていただけたことがうれしいなと思います。この魅力をもっと伝えていきたいなと思います」

浜松市にもブラインドサッカーのチームがあり、競技の盛り上がりにつながればと期待する声が聞かれました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ