天達予報士が解説!台風5号発生へ&この先の暑さは?【静岡・ただいま天気 7/27】

2022年07月27日(水)

暮らし・生活

天達武史気象予報士・小塚恵理子気象予報士

きょう27日は、このあと7時半から静岡市恒例の日本平花火大会があります。

【 午後7時の天気 】
静岡市の近くは晴れか曇りということで、この後はおそらく雨は問題ないです。
開催が期待できそうです。

きょう27日は回復が遅くなってしまいましたが、あす28日こそ、洗濯物外に干せそうです。
【 あす28日 天気 】 
気圧配置は大きく変わりません。高気圧に覆われて晴れる時間がありそうです。湿った空気は流れ込んでいて地上は暑くなります。関東あたりの上空には冷たい空気が流れ込みそうです。大気の状態が不安定になります。午後のにわか雨や雷注意です。

【 時間ごとの天気 】 
時間ごとに見ると、山間部中心に北ほど雲は多めですが、各地で晴れる時間がありそう。午後になると所々雨で雷を伴うところがありそう。

【 雨の予想/発雷確率 】 
雷の発生確率は、山間部、御殿場なども赤色50%とかなり高い予想です。平野部もやや高くなっているので全域で急な雨の可能性、落雷・突風に注意です。

【 天達解説:不安定な天気は暑さが要因? 】
現在、熱帯低気圧が発生しているため、静岡県内も全体に熱帯の水蒸気が多く含まれた空気で覆われています。そのため、スコールのような雨が降ります。気温の上昇を解消するためには、雨を降らせて気温を下げるのが効果的です。
                
【 予想気温 】 
朝から高めで、平野部の最低気温は25~26度の予想です。今夜も寝苦しい夜になりそうです。最高気温はほとんどの地域で30度を超える予想です。三島33度の予想です。各地で熱中症警戒の暑さです。

【 台風の進路予想 】
さて、南海上で新たな台風が発生しそうです。南海上の雲の塊のひとつが熱帯低気圧となって、あす28日にも台風に発達する見込みです。進路は西寄りで直接の雨は九州から奄美地方になりそうです。熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで不安定な空になりそうです。
天達:海のほうも心配ですし、気温も上がるのではないでしょうか。
海のレジャーには注意が必要です。                  

【 週間予報 】 
天気の傾向が変わり、雲が多いながらもこの先は晴れ間がありそうです。ただ、山間部中心に連日、天気急変がありそうです。昼夜問わず気温は高め、蒸し暑さが続きそうです。

天達:【 夏休み(8月)の天気・暑さは? 】
ポイントは台風です。今まで台風が少なかったですが、今後は台風が発生しそうです。南の海上です。台風が発生するということは、強い上昇気流が起こるため、隣が強い下降気流になります。強い下降気流が静岡に流れ込むため、高気圧の勢力が台風があると強まります。台風があるからこそ、本州、静岡の周辺は高気圧も強まり猛暑になるところもあるかもしれません。ただ、一方で気を付けたいのは台風によっては高気圧の弱いところを探しながら入ってくる迷走台風が発生する可能性があります。どこに行くか迷う台風があるため、8月は台風情報と猛暑に注意が必要です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ