【静岡・新型コロナ】3歳児死亡 合併症・心筋炎か 家族感染で「みなし陽性」から6日目

2022年07月28日(木)

地域

新型コロナウイルスに感染した静岡県沼津市の3歳の女児が7月下旬死亡していたことが分かりました。死因は合併症による心臓の病気「心筋炎」の疑いがあり、県内での子供の死亡は初めてです。

静岡県健康福祉部・後藤幹生参事 「救急搬送されたお子さんがその後死亡が確認され、検査で新型コロナウイルス感染が判明したと県内の医療機関から報告がありました」

死亡したのは沼津市に住む3歳の女の子で、7月下旬病院で死亡が確認されました。

女の子は時々熱が上がる「周期性発熱」の基礎疾患がありましたが、家族と自宅で生活していました。

7月中旬に発熱があったため病院を受診し、その際に抗原検査では陰性だったということです。

しかし、家族に陽性者がいたことから「みなし陽性者」の扱いとされ、体調について県の窓口に相談していました。

その後、体調が良い日と悪い日を繰り返し発症から6日目はき気止めの薬をのんだ後ぐったりした状態となり、救急搬送中に心肺停止状態となりました。死因について詳しい調査が続いています。

県健康福祉部・後藤幹生参事 「新型コロナによると思われる急性心筋炎の疑いというのが現時点での発表内容になる」

県の後藤参事は1歳未満の子供が発熱しぐったりしたりけいれんなどがあったりした場合、医療機関への相談を呼びかけています。

新型コロナにともなう県内の死者は女の子で441人目ですが、20歳未満の子供の死亡は初めてとなりました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ