「やっと報告できる」建設アスベスト訴訟 静岡地裁も国の責任認める 提訴から約9年

2020年01月23日(木)

事件・事故暮らし・生活

静岡地方裁判所は国の責任を認め、アスベストによる肺がんで死亡した男性の遺族に825万円の支払いを命じました。

左官業をしていた男性は、アスベストを吸い込んで肺がんで死亡し、遺族は国に慰謝料など3850万円を求めていました。

23日静岡地裁は「罰則付きの規制を設けるなどしなかった」として国の責任を認める判決を言い渡しました。

アスベスト被害による判決は県内で初めてです。

男性の遺族
「息ができないあの切なさは見ているのはたまらないです。これでやっと亡くなった旦那に報告できます」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ