源平の争いと鎌倉幕府 浮世絵で紹介 静岡市で展示会

2022年07月31日(日)

話題

源平の争いから鎌倉幕府までを描いた浮世絵の展示会が、いま静岡市の美術館で開かれています。

展示会は「静岡市東海道広重美術館」が開いていて、会場には武士の台頭から平氏の栄華、鎌倉幕府の時代まで4つの期間が54点の浮世絵で紹介されています。

美術館の担当者は「浮世絵には物語を描いた作品があることを知ってもらい、夏休み中の子供たちに歴史を学んでもらえたら」と話していました。

展示会「源平の争いと鎌倉幕府」は静岡市東海道広重美術館で開かれていて、パート1が8月14日まで、パート2が8月16日から9月11日までとなっています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ