どんなものをどれだけ 江戸時代の食事を体験 夏休みの親子参加 静岡・藤枝市

2022年07月31日(日)

地域

藤枝市にある江戸時代の宿大旅籠「柏屋」で、夏休み中の親子が当時の食事について学びました。

イベントには14組の親子が参加し、江戸時代旅籠で出されていた食事は、夕飯は汁物一点とおかず三点の「一汁三菜」、朝食は「一汁二菜」が基本であったことを教わりました。

また、かまどで炊いた米でおにぎりをつくった他、江戸時代にも多くの人に好まれた味噌田楽づくりを楽しみました。

参加者
「昔の人が何をしたかとか学んだりしました。すごく楽しかったです」

柏屋の担当者は、かまどで炊いたご飯のおいしさや、現代の食事の恵まれた環境を知ってもらえたらと話していました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ