前所有者「命令の取り消し求め静岡県を提訴」 熱海土石流・盛り土残土の撤去を求められ

2022年08月01日(月)

地域

残った盛り土をめぐり今度は静岡県が命令です。

去年7月の熱海市の土石流では、被害を拡大させた盛り土がまだ2万1000立方メートル残っていると推定されています。

盛り土を造成した前の土地所有者は熱海市から土砂を撤去するよう命令を受けましたが、従いませんでした。

こうした中、条例が改正されて指導権限が市から県へ移り、県は1日土砂の撤去などを求める措置命令を出しました。

計画書の提出と工事の着手を求め、従わない場合行政代執行を行い費用を請求する考えです。

命令を受け前の土地所有者は「お互いの主張は法廷で行うしかない。命令の取り消しを求め県を相手に訴訟を起こす」と話しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ