デジタル最新技術を駆使 自動運転の実証実験 静岡・掛川市

2022年08月01日(月)

地域

デジタルなどの最新技術を使った自動運転車両の活用を目指そうと、静岡県掛川市で1日から実証実験が始まりました。

この実験は交通による環境負荷を減らすため静岡県と掛川市が企画し、JR掛川駅から掛川城までの1kmの区間で行われました。

車両は時速19km以下で走行していますが、運転手はハンドルにふれておらず、デジタル化された地図と車両に設置されたレーダーの情報が照合され、自動で運行しています。

市役所では、車両に搭載したカメラ映像を通して運行状況を監視し、制御方法を確認していきました。

掛川市DX推進課 戸塚芳之係長
「自動運転という最新技術が、掛川の街にどうフィットするのかをまずは確認したい。路上駐車や自転車も走っているが、どう技術的に融合できるのか検証したい」

実証実験は7日まで行われ、夜間にも実施するということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ