中央分離帯に衝突後か…オートバイとトラックの事故で男性死亡 東名上り約6時間通行止め 静岡・袋井市

2022年08月02日(火)

事件・事故地域

1日夜、静岡県袋井市の東名上り線で大型のオートバイとトラックの事故があり、オートバイに乗っていた男性が死亡しました。

1日夜10時過ぎ袋井市国本の東名上り線で、大型のオートバイと大型のトラックが関連する事故がありました。

県警高速隊によりますと、後続の車の目撃者は「オートバイが中央分離帯にぶつかって運転手が投げ出され、走ってきたトラックが衝突した」と話しているということです。

オートバイに乗っていた男性は現場で死亡が確認され、免許証などから東京都に住む男性(51)と判明しました。

トラックの運転手にケガはありませんでした。

この事故の影響で東名上り線は、袋井IC-掛川ICが約6時間通行止めとなりました。

高速隊は、当時 現場を通った車を特定して、目撃証言やドライブレコーダーの映像を確認し、事故状況を調べることにしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ