【リニア】「静岡県とJR東海の対話は?」国の有識者会議が県理事にヒアリング

2022年08月02日(火)

地域

リニアの工事が南アルプスの環境にどんな影響を与えるのか話し合う国の会議が開かれ、静岡県がJR東海との対話の状況を説明しました。

2回目となる2日の会議では県とJR東海がどう対話しているのか確認しようと、県の難波理事にヒアリングが行われました。

難波理事は工事による生態系への影響を明確にすることや、代償ではなく影響の回避・低減を求めていることなどを説明しました。

説明を聞いた委員からは「上流域の希少種の生態をもっと把握すべき」、「時間が経ってから影響が出ることもあり、経年的なデータが必要」といった意見が出されました。

難波喬司県理事 「県が無理難題をふっかけているのではないかというような疑問が社会には存在しますので、そうではないということがこの有識者会議の中で理解して頂いたと思っています」

有識者会議は大井川の流域市町などにもヒアリングを行い、要点の整理を行いたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ