東海道新幹線の線路脇で係員が人発見…1時間超運転見合わせに 静岡

2022年08月03日(水)

事件・事故地域

3日朝、東海道新幹線は静岡県の新富士~三島間で線路に人が立ち入ったとして一時運転を見合わせ、正午現在も列車に遅れが出ています。

新幹線は3日朝、新富士~三島間にあたる沼津市平沼で線路脇に人がいるのを巡回中の係員が見つけ、上下線で運転を見合わせました。

区間は上りが新大阪~三島、下りが東京~浜松におよびました。

利用客 「名古屋で大事なレセプションがあるので困ります」

利用客 「京都まで観光で。きょう回る予定だった所をなるべく一つでも回れたら良いな」

JR東海は設備の点検と安全確認作業が終了したとして、1時間10分後の午前8時14分に運転を再開しましたが、列車の遅れは3日午後にかけて続く見込みです。

※追記
JR東海によりますと、上下線96本の列車に遅れが発生し、利用客約3万6000人に影響が出たとみられます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ