【静岡・新型コロナ】新規感染7320人…病床使用率は県全体で8割超 病院クラスターも5件

2022年08月03日(水)

地域暮らし・生活

3日、静岡県では新型コロナウイルスの新規感染者が7320人、死者が6人確認されました。きのう2日の6521人を約800人上回り、2日連続で過去最多を更新しています。

居住地別にみると浜松市1863人、静岡市1675人、富士市515人、磐田市359人、沼津市356人、富士宮市243人、掛川市221人、三島市217人、御殿場市168人、焼津市154人、藤枝市130人、袋井市127人、裾野市119人、伊東市114人、伊豆の国市112人、湖西市107人、御前崎市96人、島田市94人、菊川市93人、函南町86人、長泉町75人、清水町73人、小山町61人、伊豆市56人、熱海市51人、下田市39人、牧之原市38人、吉田町20人、河津町16人、南伊豆町13人、西伊豆町12人、東伊豆町11人、松崎町6人、森町6人、川根本町1人、県外13人です。

この1週間の県内の新規感染者は3万6462人で前週比1.10倍となっています。

【死者】
新たな死者が6人確認されています。このうち3人は静岡市・島田市などに住む基礎疾患のある高齢者で、他の3人は年代・性別・居住地・基礎疾患の有無は非公表です。

【クラスター関連】
新たなクラスターが8件発生しています。

・掛川市の中東遠総合医療センター
39人の感染がわかり、クラスターに認定されました。病院によりますと7月25日に患者2人・職員3人の陽性がわかり、8月1日時点で複数病棟で複数の原因によるクラスターが同時に発生し、医師・看護師にも感染者・濃厚接触者が多数でているため、大幅な診療制限を行っているということです。

・静岡市清水区内の病院
職員13人と患者13人の計26人が感染し、クラスターに認定されています。2人が中等症、24人が軽症です。感染経路は職員による持ち込みと推定され、陽性者も含め45人に検査をしています。3つの病棟で発生していて、新規の入院受け入れは停止しています。

・浜松市中区の浜松医療センター
職員1人と入所者6人の計7人の感染がわかり、クラスターに認定されました。病院は血液内科病棟で5人が感染したため、血液内科の入院外来患者の受け入れを制限すると発表しています。

・焼津市のコミュニティーホスピタル甲賀病院
7人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

・磐田市の服部病院
5人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

・浜松市西区の特別養護老人ホーム「グリーンヒルズ東山」
職員4人と入所者6人の計10人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

・御殿場市内の高齢者施設
5人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

・菊川市内の障がい者施設
34人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

【病床使用率】(3日正午時点)
県東部 69.7%
県中部 89.8%
県西部 80.5%
ーーーーーーーーー
県全体 81.3%(入院者数669人 ※コロナ患者受入病院以外の81人を含めると750人です)
重症者 17.6%(重症者6人)

宿泊療養施設 32.9%

自宅療養者 3万6840人 (2日午後5時時点)
自宅待機者 34人

療養終了者 23万1564人(2日時点)

【ワクチン接種率】2日時点
県内全人口1回目 80.85%
     2回目 80.34%
     3回目 65.13%
     4回目 10.17%
高齢者  1回目 94.20%
     2回目 93.98%
     3回目 90.83%
     4回目 31.60%

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ