医療機関の負担軽減 1日最大150セット用意「抗原検査キット配布センター」設置へ 静岡・富士宮市

2022年08月05日(金)

地域

静岡県富士宮市は、発熱などの症状がある市民のための「抗原検査キット配布センター」を8月10日に開設します。これを前に5日、担当者が配布手順などの最終確認を行いました。

富士宮市は救急医療センターの敷地で、抗原検査キットをドライブスルー方式で配布します。医療センターを利用する人、キットを取りに来た人、導線を分けなければなりません。

富士宮市の担当者「保健センターだから妊婦さんも来られる。この中にできる限り入らないように警備員を立たせて、あと看板を立てて」

5日は市の担当者と委託業者が、配布をスムーズに行うための手順を確認しました。

委託業者「駐車場に停めるのではなくて、ぐるっと回るようなかたちでテントのところで助手席の方から(キットを)渡すことができれば導線としては良くなる。救急車両の入り口をふさがないように注意喚起をしていきたい」

新型コロナの感染者が急増し、発熱外来を受診できないケースも増えていることから、自身で検査できる体制は急務です。

雨宮帆風記者「こちらの検査キット2回分を1セットにして配布します。検査方法や陽性となった場合の対処法などが書かれた案内を一緒に同封します」

検査キットは、市のホームページや専用の電話で予約してからセンターを訪れると無料で受け取ることが可能で、市は1日最大150セットを用意します。

富士宮市福祉企画課・稲垣康次課長「市民が来てスムーズに(検査)キットを渡せるように、また困った方がスムーズに予約につながるように、そういったことを確認しました。ここに来ればその日のうちに渡せる、それを目指してやっていきたいと思います」

富士宮市は8月10日から24日まで検査キットを配布する予定です。(日曜・祝日を除く)

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ