新野球場はプロ野球の開催可能な全天候型のドームタイプに 浜松商工会議所が静岡県に要望 

2022年08月05日(金)

地域

浜松市西区に計画されている新しい野球場について、地元の商工会議所が5日、川勝知事に全天候型のドームタイプの建設を要望しました。

県庁を訪れたのは、浜松商工会議所の斉藤薫会頭はじめ4人で、西区篠原地区に建設が予定されている野球場について、プロ野球の開催が可能な2万2000人以上収容できること、自然環境に左右されない全天候型のドームタイプにするよう要望しました。

斉藤薫会頭「環境も大事にしなければいけないなということが根底にあって、ドーム型で夜、光がもれないようなものにしないと環境に配慮したものではないのではないか」

これに対し川勝知事は「プロのスタンダードに合っていることが大切」とした上で、周辺の街づくりも市長と一体になって進めると答えていました。

県は篠原地区の野球場について今年度中に基本計画を公表する方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ