富士山で救助要請 「山小屋で38度の発熱」 遭難救助隊が慎重に対応 静岡県警・富士宮署

2022年08月07日(日)

事件・事故

7日朝、富士山を登っていた人から警察に救助要請がありました。20代の男性が、体調不良を訴えたということです。

富士宮署によりますと、救助が必要なのは、三重県から訪れた会社員で27歳の男性です。

男性は、母親と2人で、6日昼から富士山に登り始め、富士宮口9合目(標高3460メートル)にある山小屋に宿泊していました。

その後、男性は体調不良を訴え、38度台の発熱があるということです。

下山が困難な状態のため、7日午前6時過ぎに、母親が富士山の山小屋に常駐する山岳遭難救助隊に連絡し、隊員が対応にあたっています。

母親の体調に異常はないということです。

警察は新型コロナウイルスへの感染も視野にいれながら男性の体調を注視し、慎重に搬送したいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ