富士山で71歳男性救助 2日3日の計画立てたが疲労困憊 静岡県警・富士宮署

2022年08月07日(日)

事件・事故

7日午後、富士山を下山していた70代の男性が疲労のため動けなくなり、警察の救助隊に救助されました。

警察によりますと、救助を要請したのは京都府から訪れていた71歳の男性です。

5日から、単独で富士山登山をしていました。自身の体力を考え、余裕を持って2泊3日の日程を組んだということです。

6日に富士山頂に到達して付近の山小屋に泊まり、7日朝下山を始めました。

しかし、富士宮口6合目付近(標高約2500メートル)まで来たものの、疲労困憊による足のもつれで動けなくなってしまったということです。

近くの山小屋のスタッフが警察に救助を要請し、午後1時半頃、男性は山岳遭難救助隊の肩を借りながら下山しました。

富士宮口の富士登山道は5合目(標高2400メートル)がゴールで、登山者シャトルバスの発着地点となっています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ