浜岡原発 事故に備えるための稼働状況の情報 原子力規制庁に送られず 

2022年08月08日(月)

地域

8日午前5時40分頃、静岡県御前崎市の浜岡原発で、施設が正常に稼動しているかどうかを常時確認するシステム「ERSS」で、原子力規制庁に送られるべき情報が送られていないことがわかりました。

ERSS=緊急時対策支援システムは、原発などの原子力施設から稼働状況などの情報を受け、施設が正常に稼働しているかどうかを常時確認する原子力規制庁のシステムです。

中部電力によりますと、8日午前5時40分頃ERSSの情報端末のアラームが鳴り調べたところ、午前5時39分以降の情報が原子力規制庁へ送られていないことがわかりました。

中部電力は午前10時時点で必要な情報について、午前11時すぎに原子力規制庁にメールで送信したということです。

中部電力は情報が送れなくなった原因について調べを進め復旧を急いでいます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ