静岡市清水区の路上で白地に黄色まだら模様のヘビ発見 発見者が捕獲し交番へ 警察が飼い主探す

2022年08月08日(月)

地域

6日夜、静岡市清水区の路上で、白地に黄色のまだら模様のヘビが見つかりました。
警察はペットとして飼われていたヘビが逃げ出したとみて飼い主を探しています。

見つかったのは全長約80cmのヘビで、白地に黄色のまだら模様があり、目は赤色をしています。

警察によりますと6日午後8時20分頃、静岡市清水区大内の路上にヘビがいるのを、近くに住む人が見つけ、手で捕獲し、農業用のコンテナに入れて交番に届け出ました。

警察は、ペットとして飼われていたヘビが逃げ出したとみて、拾得物として保護しています。

ヘビは、突然変異で色素をなくしたアルビノのニシキヘビとみられ、毒はないということです。

8日午後3時現在「ペットがいなくなった」という通報や相談はないということです。

問い合わせ先:清水警察署会計課 電話054-366-0110

【追記】
静岡県河津町の体感型動物園iZoo(イズー)の白輪剛史園長によりますと、このヘビは、ペットとして飼うことができる「ボールニシキヘビのアルビノ」ではないかということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ